フォルクスワーゲン、「BUDD-e」コンセプトによく似た市販モデルを2020年頃に投入予定
Related Gallery:Volkswagen Budd-E Concept

米国ラスベガスで先月開催されたCES 2016に、フォルクスワーゲン(VW)は箱形の電気自動車「BUDD-e」を出展した。このクルマが、2020年代の前半にはディーラーに並ぶかもしれない。VWのエレクトリック開発部門の責任者、フォルクマル・タンネベルガー博士は英国の自動車雑誌『Car』に対し、フラット・バッテリーと前後の車軸に電気モーターを搭載するというコンセプトカーと同じパワートレインのレイアウトを、市販バージョンにも採用すると語った。

同誌によるインタビューの中で、タンネベルガー博士は「モジュラー・エレクトリック・ドライブキット(MEB)プラットフォームを採用する、これとよく似たクルマが市販車として登場するだろう。正確な時期は言えないが、2020年頃になる」と述べている。

また、博士によれば、BUDD-eの市販モデルは現行のバンを置き換えるものではないという。商用バンの「トランスポルター」やキャンパーの「カリフォルニア」は、内燃エンジン車として、別に継続されるそうだ。

MEBプラットフォームは、コンパクトEV専用に開発されているので、今後もVWはこれを使った電気自動車のラインアップを拡大してくるだろう。BUDD-eはフロア全体に広がるフラット・バッテリーに合わせて新開発されたシャシーを特徴としており、航続距離は米国環境保護庁(EPA)の基準で推定233マイル(約375km)と発表されている。

BUDD-eを見ると、VWが過去を忘れずに未来のバンを考えていることも窺える。平面的なボディサイドと直立したリアは、同社のクラシックなモデルを思い起こさせるが、フロントは空気力学が考慮され、燃費向上を図った形状だ。内装にもモダンとビンテージが共存し、2スポークのステアリングと、大型ディスプレイを使った計器板が採用されている。市販モデルのBUDD-eは、要望が多いレトロモダンな「マイクロバス」の復活というわけではないが、より環境を考慮した時代に向けて、あのアイコン的なモデルの実用性をアップデートしたクルマになるだろう。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー