新型「フォードGT」の購入希望者に厳しい審査 頻繁に運転する人が優先
Related Gallery:2017 Ford GT in white: Detroit 2016

フォードは新型「GT」の購入希望者に事前審査を採用し、最も熱意のある顧客がこの入手困難なスーパーカーを購入できることを確実にするという。米紙『The Detroit News』によると、GTを注文するウェブサイトが公開されるのは2月下旬だが、そこでの質問には、申請者がこれまでに何台のフォード車を所有してきたか、どのくらいの頻度でこのスーパーカーを運転するのかなどが含まれ、さらにソーシャル・メディアでの露出度も調査されるようだ。2005年に発売された先代フォードGTのオーナーは特別に配慮されるとも伝えられている。フォードはGTの年間生産台数を限定250台としているので、この競争は厳しいものになりそうである。

フォードの製品開発責任者、ラジ・ナイール氏は『The Detroit News』紙に対し、「我々はGTのことをより気にかけ、長く所有し、最も頻繁に運転してくれる購入者を優先したい」と語っている。選ばれたオーナーたちは新型GTをガレージに飾って置くだけでなく、実際に乗り回してくれるはずなので、発売後には街で見掛ける機会も多くなるはずだ。顧客はさらに、ある一定の期間はGTを売却しないという契約にもサインすることになるという。そのため、購入者はこの新型GTをすぐに転売することはできない。

こうして選ばれた顧客は、生産工程を通してVIP扱いされ、認定されたディーラーから納車される。購入者の希望に合わせてそれぞれのクルマを生産することで、顧客は確実に満足のいく経験ができるという、フォードの戦略である。

フォードは今年末までに最初に生産された新型GTの納車を開始するとしているが、まだいくつかの疑問が残る。同社はこのスーパーカーが最高出力600hp以上だということは発表しているが、価格についての正式な発表がされていない。だが、有望な購入者に対する注文の受付がもうすぐ始まるはずなので、これらの重要な情報が流出するのは時間の問題だろう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー