【ビデオ】新型「COPOカマロ」がドラッグ・ストリップを駆け抜ける姿を、様々な角度からチェック!
COPOカマロ」がドラッグ・レース専用車であると考えれば、今回紹介するビデオを見ても、さほど驚くことはないだろう。それでもシボレー・パフォーマンスは、6代目「カマロ」をベースにした2016年モデルが、これまでのCOPOと同様にドラッグ・ストリップを巧みに走り出すことを実証したいようだ。このマシンはまだテスト中らしいが、427立方インチ(約7リッター)のV8エンジンによるパフォーマンスは既にチャンピオンのようだ。このエンジンがパワーを開放すると、十分にワイドでグリップの高いタイヤを組み合わせるだけで、スタート時には前輪が持ち上がってしまうほどである。

シボレー・パフォーマンスが公開したこのビデオでは、COPOカマロのドラッグ・ストリップを疾走する様子を、いくつかの思いも寄らないような角度から捉えている。リアアクスルの動きや、ボンネット下に搭載された走行中のエンジンまで見ることができるのだ。特に注目に値するのは、スタートの瞬間をクルマの真下から捉えた映像だ。これは普通ならまず見ることができないだろう。もちろん、COPOカマロの凄まじいバーンアウトのポテンシャルを見せ付けるような映像も、多数の角度から撮影されている。

2016年モデルの新型COPOカマロは、2015年11月のSEMAショーで初公開された。購入者は3種のV8エンジンから選ぶことができ、いずれも3速オートマチック・トランスミッション、ソリッドリアアクスル、調整式サスペンションが搭載されている。

それでは、2016年型COPOカマロの走りをご堪能いただきたい。ただし、これが非常にレアなモデルであることをお忘れなく。従来と同様に、2016年モデルも生産台数はたったの69台であり、これに対し購入希望者は5,500名を超えてたという。最初の1台は慈善オークションに出品され、3万ドル(約3,630万円)で落札されている。





By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー