ダイハツは、「東京オートサロン 2016」で「コペン アドベンチャー」の実車コンセプトカーを初披露したほか、準グランプリ作品をパネル展示した。

ダイハツは軽オープンカー「コペン」のDRESS-FOMATIONデザインを公募し、市販化へ繋げるというオープンイノベーションの取組みである「DRESS-FOMATION AWARD」を実施。そして、コペン アドベンチャーはグランプリを獲得し、先日ご紹介した通り実車化されたが、準グランプリも魅力的な提案が多数あったのでご紹介しよう。

画像のモデルは「コペン ネコ」というもの。猫足と言われる足回りが有名なメーカーもあるが、こちらはスタイルがまさに猫。実現すれば、猫バスのように子供達に大人気に違いない。

Related Gallery:TAS2016 Daihatsu Copen


こちらは正統派の「クラシックスピーダーM」。メッキポイントと柔らかいふくらみがクラシカルな雰囲気をうまく表現している。


続いては、「コペン エレガンス」。

まさに小さな高級車というにふさわしい、なめらかなデザインと近未来感あふれるグリルが印象的。


最後は、「コペン ローブ プレミアム」。

グリルにフォグランプが入ることで、新たな見え方に。走りを意識したバンパー形状が新しい。


そしてこちらがグランプリを受賞し、今回実車化されたコペンアドベンチャー。

最近流行のSUVやCUVの要素を取り入れ、ベースのコペンとは全く別の魅力を感じさせる点で、グランプリを受賞したことがうなづける。

コペンにはアウターパネルを交換することで手軽にイメージチェンジできる素晴らしい特長があるだけに、これ以外にもトヨタバージョン、スバルバージョン、レクサスバージョンなどメーカー色を表現したモデルを展開するのも面白そうだ。

■ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp