今回は「東京オートサロン 2016」で開催された東京国際カスタムカーコンテスト2016のセダン部門で最優秀賞を受賞した車両をご紹介しよう。

最近はセダン人気が低下し、トヨタクラウン」も昔ほど販売ランキング上位に入ってこなくなったが、やはりカスタマイズカーベースとなればクラウンベースの車両が多い。

画像は、今回最優秀賞を受賞したクラウンをベースにしたカスタマイズカー、HYPER CROWN CROSS BONEだ。

この車両は、​カスタマイズカーを手掛ける兵庫県のブラックパールコンプリートが製作した車両。コンセプトは、現行車両をさらに進化させる「未来的」デザインを取り入れると共に、機能美を追求したフェンダーデザイン、前方から後方へと流れるスムーズなラインを意識するメカニカルデザインとのこと。

Related Gallery:2016TAS Toyota Crown Custom


カスタマイズカーと言えば、グリルを含めて大幅に変えるものが多い中、クラウンのグリルを活かしつつカスタマイズしている点が、素材としてのクラウンブランドの強さ、個性を感じられた。

カスタマイズの注目点は、まるでガンダムのようなメカニカルな立体造形が複雑に組みあわされたデザインが決して繊細ではなく太いラインで表現されている点だろう。

流行の丸形のデイライトなどに加え、ライン状のLEDランプがガンダムのような世界観を想起させる。

リア周りもフロント周り同様ボディ下部に集中してカスタマイズが行われており、しっかりクラウンということが認識できる。

装着されているエアロパーツは、BLACK-PEARL ActivtyPEARL。その他オリジナルボンネット加工、オリジナルブリスターフェンダー、オリジナル別体ダクト、オリジナルトランクスポイラー、各所デイライト、各所リアマーカーなどトータルでカスタマイズされている。

もちろんコンセプトモデルなのでこのまま公道を走ることはできない。

2016年2月12~14日に行われる大阪オートメッセ2016にも出展されるとのことなので、興味がある読者は最新のセダンカスタマイズトレンドを確認してみよう。

■ブラックパールコンプリート 公式サイト
http://www.blackpearl-1.com/


BLACK PEARL JEWELRY LINE Activity PEARL Series GRS21# CROWN