新生『トップギア』の司会にドラマ『フレンズ』でおなじみの俳優マット・ルブランが新加入!(ビデオ付)
英国BBCの人気自動車番組『トップギア』が前の司会者3人を降板させ、代わりにクリス・エヴァンスが起用されてからというもの、他に誰がキャストに加わるのか、その発表を我々ファンは長いこと待っていた。そして2月4日、ついにそれが明らかになった。BBCは新生『トップギア』の司会者としてマット・ルブランが新たに加わることを発表したのだ。

マット・ルブランは、1990年代に大ヒットした米NBCのTVドラマ『フレンズ』とそのスピンオフ『ジョーイ』のジョーイ・トリビアーニ役で知られる俳優だ。そして、彼がゴールデン・グローブ賞TVの部でコメディ/ミュージカル主演男優賞を受賞した『マット・ルブランの元気か~い?ハリウッド!』は、米国のペイチャンネルであるショウタイムと、英国ではBBC2で放映されていた。

BBC2といえば長年『トップギア』が放映されているチャンネルだが、マットと『トップギア』のつながりはこれだけではない。数年前には、ゲストの有名人が"お値打ち車"をドライブし、ラップタイムを競う同番組の人気コーナー「有名人レース」に登場して、3代目お値打ち車の起亜「シード」で最速タイムを記録している(4代目に選ばれたボクスホール「アストラ」が結局これより遅いことが証明されたので、この記録は未だ塗り替えられていない)。さらに、彼は『Top Gear: The Races(トップギア:ザ・レースズ)』という特別番組の司会をしたこともあり、これが今回の新加入の後押しとなった。



『トップギア』の新体制には、マットとクリスの他に、"ニュルブルクリンクの女王"ことサビーネ・シュミッツと英国人自動車ジャーナリストのクリス・ハリスも候補として噂されている。また、元F1ドライバーで現在解説者をしているスコットランド出身のデビッド・クルサードの名も挙がっている。そして、もちろんスティグも登場するだろう。番組プロデューサー陣から続報があり次第、Autoblogでもお伝えしたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー