【ビデオ】テスラ、初の公式プロモーション映像を公開 オートパイロット機能で通勤をより快適に
これまで我々が目にしてきたテスラの映像は、ファンメディアによって制作されたものだった。しかし、ついにテスラモーターズ自身が制作したプロモーション映像を公開。これがTVで放映されれば、同社初のCMとなる。

今回のプロモーション映像は、テスラの「オートパイロット」機能を様々な状況で紹介するものだ。今のところ、この自動運転機能にはまだいくつかの問題が残されている(そのほとんどがドライバーに起因するものだが)。他社のクルマにも同様の機能が搭載されているし、テスラが2018年までに実現を目指しているニューヨークからロサンゼルスまで自動運転でクルマを呼び出す機能も現在はまだ開発の途上だ。

しかし、この映像ではオートパイロット機能で実際に可能なことを、現実的に見せている。スマートフォンによる操作で、クルマが自動で始動してガレージから出庫する「Summon(召還)」機能から、ウインカーレバーをタップするだけで車線変更する「オートレーンチェンジ」、そして映像の最後には縦列駐車も自動で行う。また、込み合ったハイウェイでも交通の流れに乗り、カーブも自動的に曲がって走行するなど、安全性と利便性の向上も伝えている。このビデオではドライバーが実際にハンドルから手を放すところは見せていないが、おそらくこれは正しい判断だろう。

テスラのイーロン・マスクCEOは、オートパイロットは"最優先されるべき機能"と語っており、テスラでは現在、それを世間に認識してもらおうとして尽力しているのだ。マイカー通勤を革命的に変えるオートパイロットを紹介する映像を、まずはご覧いただきたい。




※注:この記事はAutoblogの姉妹サイト『Engadget』に掲載されたRichard Lawler記者による記事を転載したもの。

By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー