MAZDA i-ACTIV AWD
「少しも滑らせない」のが、マツダのAWDの目指す姿だと聞いて、正直それはさすがに大げさじゃないかと思った。確かに理想だが、雪や氷の上でも滑らないなんて、易々とできるものじゃない。きっと皆さんも、そう思うはずだ。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 でもマツダの開発陣は大マジメに、そう言うのである。ならばと、彼らの「i-ACTIV AWD」をじっくりテストするべく、我々が向かったのは、北海道のマツダ剣淵テストコース。実は、ここは専用コースの他に冬期だけ閉鎖した林道も開発に供しているという希有なコースである。「こういう生きた道が、実践的な開発の助けになっているんです」とはマツダの方の弁だ。

MAZDA i-ACTIV AWD
 i-ACTIV AWDの一番の特徴が、前輪スリップ予兆検知システムだ。パワーステアリングのシステムなどを使って反力から路面のμを推定。また車両の対地速度と前輪の回転速度を照らし合わせることで、微細なスリップも感知して素早くトルクを後輪に分配して、空転を防ぐ。

MAZDA i-ACTIV AWD
 演算は1秒につき200回行なわれるという。これは30km/h走行中には約4cm毎という細かさだ。更に、後輪の駆動ユニットに常にごくわずかなトルクを伝達しておくという制御も加えることで、いざ必要になった際にタイムラグ無く後輪にトラクションをかけられるようにもなっている。
 つまりドライバーより先に素早く情報を認知し、スリップの予兆アリと判断したら、即座に駆動力を制御するということ。ドライバーにできない部分を巧みにサポートすることで、安全な運転を可能にしようというわけだ。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 さて、では実際の走りはどうだったのか。今回はマツダの剣淵テストコースにて、様々なパターンの走りを試すことができたので、順に紹介していこう。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 まず最初はアクセラにて、直線路、旋回場、周回路といった施設を使ってスロットルのコントロール性を確認した。正直、この時点で目から鱗という感じだった。

MAZDA i-ACTIV AWD
 たとえばパイロンスラロームでは、アクセルを踏めばすぐに後輪にも駆動力がかかるレスポンスの良さが体感できた。一般的な前輪駆動主体のAWDは、基本的に前輪が滑ったら、それに対応して後輪にもトルクを配分する。しかしその場合は、前輪が滑ってアンダーステアが出たと思ったら、次の瞬間にはリアが滑って、なんてことになりがちだ。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 ところがi-ACTIV AWDのアクセラは、そうした唐突な挙動変化が無く、普通の感覚でしっかりグリップしたまま走れてしまう。テストコースだけに思わずペースも上がってしまったが、これが一般道なら、つまり素直な操縦性が保たれるだけでなく、そのぶんマージンが増えているということである。
 同様に、静止状態からの発進でも進路が乱れることなく、スルスルと当たり前のように真っ直ぐ進んでいく。拍子抜けするぐらい、という表現が相応しいほどだ。

Related Gallery:MAZDA i-ACTIV AWD
MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 続いては、デミオにて所々凍結路面が顔を覗かせる融雪路へ。ここでも、スロットルコントロールのしやすさには目を見張った。しかも、同乗のマツダの開発メンバーの勧めでATをSモードに入れると、ダイレクト感が高まって更に走らせやすくなった。雪道では反応を穏やかにするために高めのギアで......なんて、これだけ正確に応えてくれるクルマなら思わなくていい。ダウンシフトの際に自動的に行なわれるブリッピングも、前輪をロックさせないで済むのに役立った。お楽しみだけの機能ではないのである。

MAZDA i-ACTIV AWD
 CX-5では発進性能を試した。敢えて登り勾配の途中でクルマを完全に停止。更にステアリングを切った状態で発進させてみる。特別な操作はせず、単に右足をブレーキペダルからアクセルペダルへと踏み替えると......CX-5は難無く、それこそスルスルと坂を上っていった。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 特にこうしてステアリングを切った状態だと、前輪の空転を誘発しやすく、そうやって滑らせてしまうと角度がついて、更に発進しにくくなる。最初のタイヤの転がり出しの時点で、滑らせずにしっかりクルマを前に進めること。これが、とても大事なのである。

MAZDA i-ACTIV AWD
 プログラムは更に続き、今度はアテンザで一般道へ。生憎、外は雪が少なく、ほとんどがドライ路面での走行になってしまったのだが、日陰などで突然現れる雪や氷の路面で一瞬身構えても、アテンザは安定性を損なうことなく狙った方向に進んでいく。グリップが失われそうという感触は伝わってくるが、実際には労せず通過できてしまうという感じだった。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 要するにi-ACTIV AWDは、それこそ「少しも滑らせない」ために、4輪に無駄なく必要なだけのトルクをしっかりと伝達することで、優れた操縦安定性を実現している。しかも、それは駆動力のロスが少なくて済み、コンポーネンツも余剰キャパシティを抱えなくて済むことから燃費の向上にも効果があり、実際にi-ACTIV AWD車と2WD車の燃費の差は、ライバル達と較べると全体に小さめだ。「最終的には2WDの実用燃費を超えたい」と開発陣の鼻息は荒い。そうなったら痛快だ。
 ほとんど全編、感心したという話ばかりになってしまったが、本当なのだから仕方がない。SKYACTIVで提唱したマツダの走りの哲学、このAWDシステムにもしっかり浸透していたのである。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 SKYACTIVと言えば、今回はもうひとつ面白いテストもさせてくれた。雪深い中で履くゴツいスノーブーツを履いての運転である。当然コレ、運転には向かない履物だが、デミオはきちんとアクセル操作ができた。しかし、車名は敢えて秘すがペダルレイアウトが悪いクルマの場合、気付かずにアクセルとブレーキを一緒に踏んでしまったり、あるいはそもそもホイールハウスの張り出しのせいでアクセルをきちんと踏めなかったりもした。

MAZDA i-ACTIV AWD
 もちろん、こういう靴で運転しないに越したことはないが、生活実態としてやむを得ない場合はあるだろう。SKYACTIVのペダルレイアウトの良さは、そうした場面で正しい操作、そして安全に繋がっていることが確認できた。運転が楽しい、気持ち良いというだけが恩恵ではないのである。

MAZDA i-ACTIV AWD MAZDA i-ACTIV AWD
 マツダのAWDに対しては、率直に言ってこれまでは、それほど存在感を強く感じてはいなかった。しかし考えてみれば、日本車初のフルタイムAWD車は、実は1985年デビューのマツダ ファミリアGT-Xだった。日本車で初めてWRC総合優勝を飾ったのも、やはりファミリア。これって正直、意外ではないだろうか?

MAZDA i-ACTIV AWD
 つまりマツダ、久しぶりに本気を出してきたんだってことである。最新のi-ACTIV AWDを体験したら、「AWDといえば......」という時に思い出すブランド、変わるかも?


■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/