【ビデオ】動物好きのスバル、犬の家族が登場する5本のCMを公開
スバルの調査によると、実に80%のスバル・オーナーがペットを飼っているという。どうやらそのことが、今年もまたNFL「スーパーボウル」のスポンサーにはならないと決めた理由になったらしい。膨大な費用がかかる宣伝イベントを蹴り、その代わりに動物専門チャンネル「アニマル・プラネット」が放送する裏番組「パピーボウル」の公式スポンサーになることを選んだのだ。そんな動物好きのスバルが、ゴールデンレトリバーの家族、バークレー一家が登場する5本の最新CMを米国市場向けに公開した。

中でも面白いのは、うまく機能しないスマートフォンの音声認証を皮肉った仕立ての「Phone Navigation(携帯電話用ナビアプリ)」というタイトルの1本だ。その他の4本も微笑ましい内容になっている。タイトル「Doggie Bag(レストランで残り物を持ち帰るための袋)」では、思わぬ駐車係が登場。「Windshield Wiper(ワイパー)」では前のクルマを運転するブルドックが飛ばすヨダレと格闘。「Bad Hair Day(イマイチな髪型の日)」では美容室から戻った妻との気まずい状況に対処する。「Puppy(仔犬)」は仔犬を寝かしつけるために夜の街をドライブするという内容だ。毎年制作されるこの手のCMでも、スバルは確実に顧客の心を掴んでいると言っていいだろう。












By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー