トヨタの用品開発などを手掛けるC&A開発部は、「東京オートサロン2016」のTRDのブースの一角にクラウンのカスタマイズカー「クラウン スタイルGb」を出展した。

最近のクラウンは、より若い層へのアプローチのため、ピンク、ライトグリーン、ライトブルーなどコンパクトカーで採用されているようなカラフルなカラーのモデルを投入してきている。

そのような中、今回参考出品として出展されたカスタマイズモデルは、クラウンのターゲットど真ん中の中高年層のハートをくすぐるテイストに仕上げられているのだ。

Related Gallery:TAS2016 Toyota Crown Style Gb


エクステリアは、派手なエアロパーツなどの装着は一切されていない代わりに、ガーニッシュ類のメッキ類がオリジナルのダークメッキに変更されていたり、遠目では気づきにくいが、ウエストラインから上と下で、ツートーンカラーに塗り分けられていたりして、より大人の渋みが深められている。

まさに、円熟味のある大人の紳士に向けて仕立てた贅沢なカスタマイズカーというコンセプトにぴったりの仕上がりだ。

クラウンスタイルGbは、エクステリアよりも、インテリアの方がよりカスタマイズが充実している。

本革のシートは、味わいのあるダークブラウンが採用され、センターコンソールには、専用のステッキが収納された大型のコンソールボックスとアームレストが装備されている。そのため、4人乗りという贅沢な仕様になっている。

ちなみに、説明員にこのステッキの取り出し方法を確認したところ、コンセプトモデルなので、現時点では取り出したり、収納したりはできるようにはなっていないとのことだ。


天井付近には、つり革タイプの本革アシストグリップも装備されている。

足腰の弱った高齢者でステッキを使うユーザーにとっては、このつり革とステッキが収納できるという提案はうれしいだろう。


フロント周りでは、オリジナルの木目パネルやフロアマットなどが装備され、落ち着きのある上質な仕上がりとなっている。

インパネ中央のセンタークラスターディスプレイも大型で案内表示が見やすいオリジナルの仕様が提案されており、高齢者が落ち着いてゆったりドライブできそうだ。


サンバイザーも通常の布製のものではなく、サングラスバイザーと呼ばれる落ち着いたブラウンに染められたクリアーなバイザーが提案されている。

なお、残念ながらこのバイザーは保安基準に適合していないとのことで、このままでは製品化できないということであった。

近年国産高級車としては、クラウンの一人勝ちという状況が続いているが、よりコアターゲットの好む仕様に仕上げられるこれらのパーツが製品化されることで、クラウンの国内での地位はより盤石になるに違いない。

■トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp