フォード「GT40」のル・マン優勝50周年を記念して、復刻生産モデルの特別限定車が登場
Related Gallery:Shelby 50th Anniversary GT40

今年のル・マン24時間レースでは「フォードGT」の復帰が話題になるはずだが、「GT40」や「コブラ」の復刻モデルで有名なスーパフォーマンス社は、フォード GT40 MKII が1966年にル・マンの表彰台を独占してから今年で50周年を迎えることを記念し、「GT40 MKII 50thアニバーサリー・エディション」を発表した。

50年前のル・マン優勝マシンを復刻したこの印象的な50周年記念モデルは、20台のみが限定販売される予定で、当時のレースカーと同じ右ハンドル・右シフト仕様となっている。同社が販売している標準モデルの「GT40 MKII」レプリカと同様に、この限定モデルもスチール製モノコックを含めた車体の90%以上ものパーツがオリジナルと交換可能だ。一方で、エアコンや可動式のペダルボックスなど快適性を向上させる現代的な要素もいくつか加えられている。基本的にローリングシャシー(シャシーにサスペンションやホイールなどを組み合わせたもの)の状態で販売されるが、メーカーは特別に用意されるシェルビー社製「427 FE」V8アルミブロック・エンジンの搭載を推奨している。カラーリングは1966年のル・マンに出場したシェルビー・アメリカン・チームの3台と同じ、ブルース・マクラーレン組のブラックにシルバーのストライプ、ケン・マイルズ組のブルーにホワイトのストライプ、ダン・ガーニー組のレッドにホワイトのストライプという3種類から選択可能だ。ゴールドに輝く50周年を記念したロゴ・バッジが付き、シェルビー・アメリカンの公認車両として、シリアルナンバーがシェルビー・レジストリにも正式登録される。

この限定モデルの1台は、1月27日に米国アリゾナ州スコッツデールで開催されるバレットジャクソンオークションに展示されるという。米国版Autoblogがスーパフォーマンス社の広報担当ルーク・ウォルシュ氏に尋ねたところ、ローリングシャシーの価格は16万9,995ドル(約2,020万円)、さらにドライブトレインの購入と搭載で5~6万ドル(約590万円~約710万円)の上乗せになると教えてくれた。あなたなら、最新のフォードGTとどちらを選ぶだろうか?


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー