ジャガー、最高速度322km/hの「Fタイプ SVR」がジュネーブでデビューすると発表
Related Gallery:Jaguar F-Type SVR

ジャガーから朗報が届いた。「Fタイプ」の高性能モデル「Fタイプ SVR」が、ついに3月のジュネーブ・モーターショーで待望のデビューを果たす。下のプロモーション・ビデオで誇らしげに掲示されるように、その最高速度は200mph(約322km/h)に達するという。詳細なスペックはまだ正式発表されていないが、これまでのトップ・グレード「Fタイプ R」の最高速度186mph(300km/h)より14mph(22km/h)も高い数値を生み出すV8スーパーチャージド・エンジンは、最高出力575hp、最大トルク71.4kgmにチューンされるという噂だ。

ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ部門が手掛ける高性能車の証、「SVR」のバッジが付いた初めてのジャガーとなるFタイプ SVRについて、同社は「より軽く、より速く、よりパワフル」になると述べるに留まり、リークされた情報にある0-100km/h加速3.7秒という数値についてはまだ認めてはいない。ジャガーによれば「パフォーマンスとダイナミクス、そしてドライビングの魅力が新たなレベルに引き上げられている」というが、「日常的に使える快適性を備える二重性は保持したまま」であるという。

ジャガー・ランドローバー・スペシャル・オペレーションズ部門マネージング・ディレクターのジョン・エドワーズ氏は、Fタイプ SVRを「全天候型スーパーカー」と呼んでいる。それはこの最高にホットなFタイプが4輪にパワーを伝えるとする、最初の情報を裏付けるものとも受け取れる。

3月1日に予定されているジュネーブでの公開に先駈け、ジャガーは2月17日にさらに多くの画像と詳細を明らかにするという。楽しみに待とう。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー