横浜ゴム株式会社(以下、横浜ゴム)は、1月20日、北海道旭川市に完成した冬用タイヤテストコース「北海道タイヤテストセンター(Tire Test Center of Hokkaido=TTCH)」で、横浜ゴム社長 野地 彦旬氏、旭川市長 西川 将人氏などの出席の下、開所式を行った。
< 画像:横浜ゴム社長 野地氏(右から2人目)と 旭川市長 西川氏(同3人目)>

<画像:総合圧雪路>

同テストコースは2015年3月に上川生産農業協同組合連合会から取得した旭川競馬場跡地に建設されたもので、敷地面積は東京ドームの19倍強にあたる 90万6,462㎡。直線が約1キロにおよぶ圧雪路のほか、氷盤路、登坂路、雪上/氷上旋回路、ハンドリング路を備えているという。
乗用車で時速100キロメートル以上のテスト走行ができるほか、トラックやバスについても登坂など様々な路面状況で制動・発進・加速テストができる。

また車で旭川駅から15分、旭川空港から10分とロケーションの利便性も高い。
毎年、氷点下の気温が安定的に続く12月末から翌年2月末までの厳冬期に冬用タイヤのテストを行い、春から秋にかけては夏用タイヤのテストにも活用する計画だ。

これまで横浜ゴムは、冬用タイヤテストを日本の自社コースのほか、スウェーデンの契約コースなどで行ってきた。しかしタイヤ事業がグローバルに拡大する中、評価数の増加、評価手法の高度化が進み、従来の冬用タイヤテストコース「T*MARY(ティーマリー)」(北海道上川郡鷹栖町)では手狭になっていた。
完成したTTCHの敷地面積は「T*MARY」の約4倍の広さとなる。
このオープンにより、手狭を解消し求められるグローバル化に対応していく準備が整ったようだ。

■北海道タイヤテストセンターの概要
・名称:北海道タイヤテストセンター(英文:Tire Test Center of Hokkaido=TTCH)
・開業:2015年12月
・所在地:北海道旭川市神居町上雨紛(かむいちょうかみうぶん)
・敷地面積:90万6,462㎡


■横浜ゴム株式会社 公式サイト
http://www.yrc.co.jp/