シボレー「マリブ・ハイブリッド」がコネクテッド・グリーンカー・オブ・ザ・イヤー2016を受賞
Related Gallery:DC Auto Show Green Vehicle Awards

米国ワシントンDCで今月31日まで開催されているワシントン・オートショーで、米自動車雑誌『グリーンカー・ジャーナル』のロン・コーガン氏が、優れた低燃費車を選ぶ3部門の賞を発表した。

・2016 コネクテッド・グリーンカー・オブ・ザ・イヤー:シボレー「マリブ・ハイブリッド」
・2016 ラグジュアリー・グリーンカー・オブ・ザ・イヤー:ボルボ「XC90 T8」
・2016 グリーン・SUV・オブ・ザ・イヤー:ホンダ「HR-V」(日本名:ヴェゼル

ボルボは2部門でノミネートされたが、コネクテッド・グリーンカー・オブ・ザ・イヤーの受賞は逃した。

今回惜しくも受賞に至らなかったが最終選考に残ったクルマは次の通り。

グリーンSUV部門:
BMW「X1 xDrive28i」
ヒュンダイ「ツーソン」
マツダ「CX-3」
トヨタ「RAV4 ハイブリッド」

ラグジュアリー・グリーンカー部門:
BMW「X5 xDrive40e」
レクサス「RX 450h」
ポルシェ「カイエン S E-ハイブリッド」
メルセデス・ベンツ「C350e」

コネクテッド・グリーンカー部門:
アウディ「A3 e-tron」
BMW「330e」
トヨタ「プリウス」
・ボルボ「XC90 T8」

詳細が気になる方はプレスリリース(英語)をチェックしてほしい。

By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー