<日産HPより>

日産自動車株式会社(以下、日産)は、車のエンジンルームやタイヤで猫が被害に遭う事故の未然防止のために「#猫バンバン」活動を推進中だ。

本活動は、2015年11月19日に日産公式Twitterにて「#猫バンバン」を発信して以来、SNS上で多くの反響があったもの。
実に、Twitter投稿では「7,930リツイート、2,649いいね」、また、Facebook投稿では「25,255いいね!、10,851シェア、710コメント」を数えたという。

今回、日産は事故が多発する冬に、さらなる認知拡大を図るため、「#猫バンバン プロジェクト」と称して本格始動。
1月26日より特設サイトをオープン(http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/)した。

「#猫バンバン」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションをさす。

毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発している。

日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけているという。
ちょっとした思いやりで救える命があることをより多くのドライバーに向け発信していくそうだ。

<日産HPより>

「#猫バンバンプロジェクト」サイトでは、このプロジェクトの周知のため、プロジェクトの概要を紹介している。
さらに、ユーザーから実際に届いた要望に応え「#猫バンバン」オリジナル マグネットステッカーを制作、特設サイトより配布の応募を受け付け(2月3日17:00まで)、抽選で100名への配布を予定している。

日産では、今後、特設サイトや日産自動車公式ソーシャルアカウント(FACEBOOK、Twitter)から、"冬はクルマに乗る前にボンネットをバンバン叩き、クルマにもぐりこんだ猫が逃げるようにする=猫バンバン" というアクションを促すメッセージを継続的に発信し、より多くの方にこのプロジェクトに賛同いただくよう活動を進めていくとのことだ。


■「#猫バンバン」プロジェクト概要

特別サイト「#猫バンバン プロジェクト」
・公開日:2016年1月26日(火)
・URL:http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

・公式SNS
Twitterアカウント _ https://twitter.com/NissanJP/
Facebookページ _ https://www.facebook.com/NissanJP


「#猫バンバン」オリジナルマグネットステッカー配布
・応募日程 :2016年1月26日 12:00~2月3日 17:00
・応募フォーム:上記特設サイトよりアクセス可能
・発表方法:商品の発送をもって発表


■日産 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/