日産カナダから「マーチ」のワンメイクレースに因んだ「マイクラカップ」特別限定車が登場(ビデオ付)
Related Gallery:2016 Nissan Micra Cup Limited Edition

日産が現在、米国で販売している最安値の新車は、1万1,990米ドル(約140万円)からの「ヴァーサ セダン(日本名:ラティオ)」だ。しかし、カナダでは日産「マイクラ(日本名:マーチ)」を9,998カナダドル(約84万円)から購入でき(ちなみに日本で販売されているマーチの価格は115万1,280円から)、さらにこの低価格ハッチバックを使用するレーシング・シリーズ「日産マイクラ・カップ」まで開催されている。そして今年2シーズン目を迎えたこのシリーズから着想を得た特別限定モデルが発表された。

マイクラのワンメイクレース「マイクラ・カップ」では、基本的に同一のレース仕様に仕立てられたマイクラを使って競い合う。エンジンは一般のマイクラと同じ109hpを発揮する1.6リッター直列4気筒エンジンだが、アップグレードされたブレーキやエキゾースト、ニスモ製Sチューンサスペンションキット、ファストホイールズ社製ホイールとピレリ製高性能低扁平タイヤ、そしてコックピットには5点式ハーネスやドライバーを保護するプロテクションネット付きのロールケージが装備されている。筆者はカナダ・ケベック州にあるモントランブラン・サーキットで昨春、このクルマを運転する機会に恵まれたが、間違いなくそれだけの価値があるものだった。

初開催となった昨シーズンはケベック州のみで開催されたが、今年は隣接するオンタリオ州のカナディアンタイヤ・モータースポーツ・パーク(以前はモスポートとして知られていた)で7月と9月に、カラボギー・モータースポーツパークで5月に、2戦ずつ開催される。5月から9月にかけて、モントランブランとトロワ・リヴィエールでも行われる予定だが、6月の開催場所はまだ決まっていないようだ。

日産は、このレース仕様車のイメージを受け継ぐ公道用の特別限定モデル「マイクラ・カップ・リミテッド・エディション」をカナダで発売する。正確には"ホットハッチ"と呼べるクルマではないが、8スポークの15インチ・アロイホイールを装着し、グラフィックや特製バッジ、そして初シーズンでチャンピオンに輝いたオリビエ・ベダール選手のサインが刻まれたシリアル・ナンバー入りプラークが付く。250台限定で、今年の早春に発売される予定だ。日産マイクラカップについての詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)公式サイトどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー