HONDA NC750X,Jan 2016
ホンダは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載し、燃費性能はもとより使い勝手の良いラゲッジ収納などを備えた「NC750X」(画像)を1月26日より発売を開始した。
また、NC750Xの「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」搭載車にETCとグリップヒーターを装着した「Eパッケージタイプ」と、全車にETCとグリップヒーターを標準装備した「NC750S」を2月19日(金)に発売することをあわせて発表した。

Related Gallery:HONDA NC750X,Jan 2016

今回、NC750Xはスタイリングを一新させるとともに、快適な走行が体感できる装備とライダーの感性に訴える官能性能を向上させたという。
装備は、視認性に優れた配光のLEDヘッドライトを採用することで存在感を主張するとともに、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取り、個性を演出。
さらにLEDテールランプの採用や、ラゲッジボックスの容量拡大により、実用性を向上させた装備とした。
フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用し、乗り心地の向上と制動時のノーズダイブを軽減。さらに、リアクッションにはプリロード調整機構を追加し、路面追従性を向上させた。

また、DCT搭載モデルでは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加するなど、DCTの制御をさらに熟成。
あわせて、心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや、防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンをそれぞれ採用した。


NC750Sには、全タイプにETCとグリップヒーターを標準装備した。
Related Gallery:HONDA NC750S,Feb 2016



NC750X
HONDA NC750X,Jan 2016 HONDA NC750X,Jan 2016
< 画像左:NC750X (ABS) / 画像右:NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション (ABS) >


■主な特長

●エンジン
力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた、定評の直列2気筒750ccエンジンを搭載。
特にDCTは従来のSモードに3つのレベルを選択でき、高めのギアや低めのギアなど、ライダーの嗜好や走行シチュエーションに合わせたシフトチェンジタイミングによる走行を可能とした。
さらに、メインスイッチをオフにしても、レベルの設定が記憶され、好みの設定をする手間が省けるようになった。
また、ATモード走行時では坂道の斜度に応じて、坂道の登りや下りの走行時に適正なタイミングの変速を実現。
その他、スロットル開閉時の車体挙動を安定させる制御を追加するなど、細部にわたる熟成を図りました。マフラーは、異形断面形状の2室構造に変更することで、鼓動感の良いエキゾーストサウンドを実現した。

●車体・装備
大型ウインドスクリーンやボリュームのあるサイドカウルをコンパクトなサイドカバーによって際立たせ、アドベンチャーイメージを強調したスタイリングに一新した。
フロントビューは、LEDヘッドライトを採用し存在感を主張するとともに、ヘッドライトの輪郭を縁取るように、導光タイプのポジションランプを配置することで個性の演出に加え視認性を向上させた。
リアビューは、リアカウルにビルトインされたLEDテールランプや、異形断面のショートマフラーを採用することにより、より軽快な印象となるデザインに。
また、液晶メーター表示面積を拡大し、さまざまなライディングシーンを演出する「表示色可変新メーター」を採用するとともに、反転液晶の採用により精悍なイメージのメーター表示デザインとした。
さらに、仕様やオプションによって、DCTモード表示やグリップヒーターのレベル表示が追加されるなどメーターの各種情報表示の機能を強化。
フロントサスペンションに、デュアルベンディングバルブを採用し、従来のフロントサスペンションに比べ、ピストンスピードに比例させた減衰力を発生させ、乗り心地の質感を向上させた。
さらに、グレーアルマイト処理を施したフォークキャップを採用し、ハンドル周りの高級感を演出した。
リアサスペンションには、プリロード調整機構を新たに追加し、タンデム走行時や積載量の状況に応じた調整を可能としした。
ユーティリティー面では、ラゲッジボックスの容量を拡大するとともに、タンクバックなどの取り付けを考慮した、ユーティリティーレールをボックスリッド上面に設定。
マニュアルトランスミッション車のクラッチレバーは、レバー比の見直しによる操作荷重の低減を行うとともに、ドッグレッグレバーを採用するなど、操作フィーリングを向上させた。
シート高を30mm低くすることで、足着き性に配慮したローダウンのType LDをラインアップに設定し、選択の幅を広げている。

HONDA NC750X,Jan 2016
<画像:NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション (ABS) Eパッケージ >

●カラーバリエーション
全タイプに、キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリックの4種類を設定。


■主要諸元



■消費税込み価格
NC750X、NC750X Type LD : 743,040円
NC750X<ABS>、NC750X Type LD<ABS> : 793,800円
NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS> : 859,680円
NC750X Type LD デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS> : 859,680円
NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>Eパッケージ : 924,480円
NC750X Type LD デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>Eパッケージ : 924,480円



NC750S
HONDA NC750S,Feb 2016
<画像:NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション (ABS) >

■主な特長

●エンジン
エンジンとトランスミッションはNC750Xと同様の変更。

●車体・装備
フロントサスペンション、リアサスペンションおよびスピードメーターの表示機能を、NC750Xと同様に変更。
ETCとグリップヒーターを全タイプに標準装備。

●カラーバリエーション
全タイプに、パールグレアホワイトとツートーンカラータイプのグラファイトブラック、マットガンパウダーブラックメタリックの3色を設定。

HONDA NC750S,Feb 2016 HONDA NC750S,Feb 2016
< 画像左:NC750S / 画像右:NC750S (ABS) >

■主要諸元



■消費税込み価格
NC750S : 690,120円
NC750S ツートーンカラー : 706,320円
NC750S<ABS> : 740,880円
NC750S<ABS>ツートーンカラー : 757,080円
NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS> : 806,760円
NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>ツートーンカラー : 822,960円


■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/


■NC750X 公式サイト
http://www.honda.co.jp/NC750X/

■NC750S 公式サイト
http://www.honda.co.jp/NC750S/