【東京オートサロン2016】日本でしか買えない!! アウディが開発中の日本専用カスタマイズパーツを出展!!
アウディは、「東京オートサロン 2016」で「A3セダン」と「TTクーペ」用の開発中のカスタマイズパーツを公開した。

A3セダンのフロント、サイド周りでは、既に販売されているフロントスポイラーやサイドスポイラーに加え、参考出品として、カーボン製のドアミラーカバーが出展された。

Related Gallery:TAS2016 Audi


リア周りでは、カーボン製のリアスポイラーなどに加え、参考出品としてピアノブラックにペイントされたルーフスポイラーが出展されている。

リアスポイラーにさらにルーフスポイラーが加わることで、スポーツテイストがさらにUPし、走りを感じさせるには効果的だ。

TTクーペのフロント、サイド周りには、参考出品として、フロントスポイラー、サイドスポイラーの他、イエローにペイントされたルームミラーカバーが出展された。


リア周りでは、参考出品のリアスポイラーなどが装着され、ノーマルデザインを損なうことなく、ノーマルとは一味違う仕上がりとなっている。

なお、今回参考出品されたカスタマイズパーツはドイツ本国では販売されておらず、アウディジャパンが独自に日本市場に合わせて開発を進めているパーツということで、オートサロンの反響を踏まえ製品化されるとのことだ。

価格や導入タイミングは未定とのことだが、カスタマイズを考えているオーナーは要チェックだ。

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp