【噂】テスラの低価格な新型電気自動車「モデル3」、発表はジュネーブ・モーターショー?
Related Gallery:Tesla Model 3 Renders

このところ、インターネット上で目にするテスラモーターズについてのは、猫の動画と同じくらい膨大な量だ。最新の噂は発表を控えた「モデル3」に関するもので、これまでのテスラ車よりも手頃な価格で航続距離200マイル(約321km)超というこの新型電気自動車が、3月のジュネーブ・モーターショーで発表されると囁かれている。その可能性を示唆する要素はいくつかあるものの、モデル3が本当にジュネーブに登場するという確証までは得られていない。

ひとまず、モデル3について明らかになっていることを整理しよう。発表予定の時期が、偶然にもジュネーブ・モーターショーと同じ3月であることは確かだ。そして、テスラは通常モーターショーに出展しない(ブースを設けない)にも拘わらず、今年のジュネーブには、地元スイスの支社、テスラ・モーターズ・スイスGmbHが参加することが決まっている。

これらのことから、やはりジュネーブでモデル3が発表されるのではないかと思いたくなるが、筆者としてはまだ納得できない部分がある。テスラの歴史を振り返ってみると、このカリフォルニア州を拠点とする電気自動車メーカーは、同州フリーモントにあるテスラ・ファクトリーで新モデルを初公開するのが恒例となっているのだ。「モデルS」とその派生モデル、「モデルX」、そして家庭用蓄電池の「パワーウォール」でさえ最初のお披露目はフリーモントで行われている。モデル3だけ例外になるとは考えにくい。

ジュネーブ・モーターショーで設けられるテスラのブースでは、おそらくモデルSやモデルXのプロモーションが行われるのではないかと予想される。2015年のモデルSの売れ行きは好調だったが、2017年中頃に3万5,000ドル(約415万円)ほどのモデル3が登場するまで、テスラはハイエンドのモデルのみを販売し続けなければならないのだ。


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー