豊田自動織機は、「東京オートサロン2016」に初出展し、コンセプトカーを展示した。

豊田自動織機と言えば、トヨタ自動車の源流とも言える企業であるが、現在は、フォークリフトの生産やトヨタ自動車より委託を受け、「ヴィッツ」や「RAV4」なども生産しているのだ。

Related Gallery:TAS2016 Toyota Industries Corp.


展示されたコンセプトカーは、クーペの持つスペシャリティ感と、走りをイメージするスタイリングに、SUVのダイナミックさ・使い勝手を付与し、アクティブなアッパーエイジのパートナーとしての理想を素直に表現したものになっているとのこと。

ボディサイズは全長4,280×全幅1,750×全高1,355mm。クロスオーバーのマツダCX-3」の全長4,275×全幅1,765×全高1,550mmと比較すると、タテヨコはほぼ同じで高さが低いスポーティな仕上がりとなっている。


フロントから見るとスポーツカーのようなスタイリッシュなデザインに仕上げらている。かなり個性的な「MIRAI」や「プリウス」などの最近のトヨタデザインと比較すると比較的オーソドックスとも言えなくはないが、まとまり感のあるデザインとなっている。


豊田自動織機は、「自分達のクルマを自分達の力でもっと魅力的に!」の考え方のもと、お客様の好みやニーズを先取りし、積極的な提案を行う「わが社のViRA活動」を行っている。今回の出展はその一環であるとのこと。(ViRA活動の名称は、VitzのVi、RAV4のRAの文字を取った造語)

将来的にハイブリッドユニットの価格が下がってくるとアクアの価格が下がり、必然的にヴィッツの存在感が低下していく。そうなるとヴィッツをクロスオーバー化していくというストーリーも考えられる。

今回の出展での来場者の反響次第では、次期型ヴィッツなどにこのデザインの一部が採用されるかもしれない。


■豊田自動織機 公式サイト
http://www.toyota-shokki.co.jp/