new smart interview
現在、ダイムラー社にてスマート責任者を務めるアネット・ウィンクラー氏にインタビューが叶った。
日本に新型スマートが導入されるタイミングで行なわれたこのインタビューでは、スマートが日本のみならず、グローバルでの成功を確信した強い言葉で、そのスマートの魅力が語られた。
現在、世界で自動車メーカー、もしくは自動車ブランドのトップに就任する女性は3人しかいない。
シトロエンブランドCEOのリンダ・ジャクソン氏、GMのCEO兼会長メアリー・バーラ氏、そして彼女だ。

new smart interview new smart interview
まず最初に、インタビューのためのテーブルに着いた私たちに最高の笑顔を向け、ウィンクラー氏は女性らしい細やかな気遣いを見せた。
「お水はいかが?来てくださってありがとう!」
そして滑舌のいい、よく通る大きな声ではっきりと言った。

new smart interview
「今日はメルセデス・ベンツ・ジャパンにとってとても特別な日になります。やっとスマートが日本の皆様のお手元に届きます。今日のためにわたしたちはかねてより準備をしてきました。」

Q: ユーザーは新型のデザインをどのように受け取っていると考えていますか?
new smart interview new smart interview
A:スマートファンの皆さんには本当に好評を得ています。
売り上げも好調で、2015年9月末時点でのヨーロッパにおける販売台数はおよそ70%ほどアップし、同月だけでも前年比 200%の伸びを示しています。
10月以降も同じように好調が続くと見ています。
その理由として、スマートであってモダンであってプレミアムであって、さらにデザインだけではなくレスポンスもよいということが挙げられるのではないでしょうか。
もちろん、マテリアル自体もいいものを使っていて、カラフルであるということにも好評をいただいている理由があると思います。

Q:先代と比較しても大胆な変化が受け入れられていると?
new smart interview
A:「自信に溢れているように見えるから」と言ってもいいかと思います。
先代まではただにっこりと笑っているような、キュートな表情でした。
新型は現代の女性のように、自信に満ち溢れています。
しかも遠くから見ても存在感がある。これはボディサイズが大きくなったということではなくて、やはり強さと自信を手に入れたからだということだと思います。
乗っている人が安心、すなわち安全で、しかも自分の存在感をもアップするような感覚も得られる。これは自信に満ちあふれたクルマだということだと思います。
その理由はデザインだけでなく、クルマのDNA、生い立ちに由来するんですね。
それはすなわちメルセデスのシャシーであること。そしてプレミアムなマテリアルを持つこと、FRであること、トランスミッションとの組み合わせによって得られたスムーズさ。
全体的に「自信」を現しています。

Q:試乗してみて、小回りが利くことと取り回しの良さに感激しました。それなのに高速走行でもハンドリングにブレがありません。
new smart interview new smart interview
A:ありがとうございます!
スマートの利点はまさに小回り、そしてコンパクトなボディサイズにあると思います。

Q:しかし、モデルが登場した当初に比べ、スマートは少し大きくなりすぎたような気がします。
日本は国土が小さく道が狭いので、以前のようなコンパクトさを求めるユーザーはいると思うのですが。初代モデルのようなさらなるマイクロカーを展開する予定はありますか?

new smart interview
A:当社の戦略としては業界最小のコンパクトを提案していますし、今後もそれを続けます。コンパクトなクルマ作りを決して止めることはありません。
それを証拠に、実際にクルマが大きくなったわけではないと私たちは考えています。
印象としては大きくなった、スペースが広くなったと思われるかもしれませんが、先代に比べれば、室内空間は広くなっても、全長が長くなったということはないんです。
実際、フォーツーでは数値としても全長は先代モデルよりも-50mmを実現しています。
フォーフォーに関しても、室内空間を考えれば信じられないくらい全長を抑えてあります。その比率においてはベンチマークとして業界トップレベルだと自信を持っています。
全長を抑える一方で、室内空間を拡げるということは、私たちのエンジニアが天才的な能力をもって達成してくれました。

Q:新型スマートは「東京」にもインスピレーションを得たということですが、具体的にはどういう部分に?
new smart interview
A:まず東京の駐車スペースが本当に限られているということ。そしてその限られたスペースをどのように最も効率よく使って行くかということです。
このボディサイズで、しかも高い安全性を保ちながら完成させるという、他に例がないものを作っています。
東京でもクルマごとに駐車場がきちんとなければいけませんから。
スマートはひとつの駐車場に2台のスマートを入れられます。

Related Gallery:new smart interview

Q:マイクロカーにとって理想のパワーユニットはなんでしょう?また今後追加されるものがあれば教えてください。
new smart interview
都市部で使うクルマということであれば、すでに発売した内燃機関(エンジン)に加え、「電気」も加えて行く必要があります。
ガソリンと電気、というのが最も理想的なラインナップだと考えます。
2016年は、スマートの電気自動車(EV)を出すことを考えています。むしろ完全なEVを出す必要があります。汚染問題のこともありますからね。
現在、都市部でのユーザーは1日あたりの走行距離が40km〜60kmだというデータがあります。これならEVでも充分、日常走行域をまかなえます。
先代のスマートEVでは、ドイツにおいて3回連続マーケットリーダーの位置を獲得していますし、それはカスタマーからのデマンド(要求)があるということだと理解しています。
またアメリカにおきましては、ピュアEVバージョンが年間売り上げの25%以上を占めています。もちろん助成金が出るということも貢献しています。
それから顧客調査によると、先代スマートEVを持つ95%のお客様が満足している、あるいは非常に満足しているとお答えいただきました。
また面白かったのは、そのEVを購入したのが彼らにとって最初のクルマだったということだったのです。
パフォーマンスとしてもゼロエミッションで走行距離が140kmを達成しているのは、素晴らしいと思います。また、新型スマートが4シーターであるということも、ブランドにとって重要だと考えています。

Q:日本では成功するでしょうか。
new smart interview new smart interview
A:非常に可能性を秘めていると思います。
というのは、やはりこういうクルマに乗れば「他とは違う」、「なんだか特別」という感情が得られるからです。
私は他に無いようなクルマを運転しているんだ、私はメインストリームじゃないんだ、ということを表現したい人がどんどん増えています。
また遠目で見ても、スマートが他とは違うユニークなクルマだということがひとめでわかりますし、しかもEVだけではなくガソリンエンジンもあるという選択肢を用意しています。
ですから、日本においても可能性があるクルマとなるでしょう。

Q:日本は日常使っているコンセントが100V。現状、EVは世界的にみても200V充電しか方法がありません。
これでは200V電源を持てない、賃貸マンションに住む若い世代がEVを気軽に買えないと思います。今後100V充電の実現を考えていますか?

new smart interview
A:当然そのようにしていきたいです。
素敵なアイディアをありがとう、そうなったらもちろんあなた、初めての東京の顧客になってくれるのよね?笑

Q:日本のコアターゲットを教えて下さい。
new smart interview new smart interview
A:フォーフォーに関してはプレミアムカーでもありますし、若いファミリー、仕事を持った女性、もちろんセカンドカーとしての需要も考えられますね。
フォーツーは免許を取れる18歳から98歳まで。ただしユニークなものを求める、男女問わず若い心を持ち続けている人です。

Q:現在、自動車メーカーのトップとして活躍する女性は3名、シトロエンブランドCEOのリンダ・ジャクソン氏、GMのCEO兼会長メアリー・バーラ氏、そしてあなたです。
トップが女性であることは、スマートチームになにかバイブレーションを与えましたか?

new smart interview
A:最初にまずはクルマの選び方には「女性」ということよりも、子供の意見を尊重させる傾向にあるということが言えると思います。
オープンマインドな人が増えたことで、何か決めるときには家族会議で決めるという人が増えたように思います。
また、子供はこのスマートが大好きです。スマイルしているように見えるし、遠くから見てもすぐにスマートだと解りますしね!
しかし、トップが女性かどうかというのは仕事においてまったく関係ありません。
会社やチームの責任者として重要なのはやはり明確なヴィジョンを持つことです。
どのように今後会社組織や製品を発達させていきたいのかというはっきりとした将来像を見せることだと思っています。
さらには情熱を持ってそれを支えて行かないと行けないと思っています。そうすればそれがチームの方に伝わり、今度はチームの方から影響を戻してくれる。また、メールアドレスをオープンにしていますから、自分だけではなく、ともに発展して行くということが良い商品のために大切なことだと考えています。
ですから、重要なのは3つです。

■ターゲット・ヴィジョンを明確に
■とはいっても遊んでいるわけではないので規律やルールを守って行くこと
■きちんとお客様やチームに感謝を伝えて行くこと ではないでしょうか。

Q:とはいえ、女性が社会に出て働くことが難しいと日々考えている人も多いと思います。責任ある立場で高いモチベーションを保ち続ける秘訣があれば教えて下さい。
new smart interview new smart interview
A:ブランドに対する情熱だと思います。
私にはこういう情熱があって、そこに行くというのを明確にする。チームとともに切磋琢磨していくということが大切です。

new smart interview

■スマート 公式サイト
http://www.smart-j.com