ポルシェは、2015年度、新記録達成の業績を収めた。
2015年の全世界における車両販売台数は22万5,121台で、2014年の18万9,849台を19%上回り新記録を達成した。



ポルシェのCEO、Dr.オリバー・ブルーメ氏は、

「過去数年間にポルシェが市場に投入してきた製品の訴求力だけでなく、ポルシェブランドの魅力もこうした数字を達成できた要因です。極めてエモーショナルなスポーツカーの開発・製造・販売に意識を完全に集中させたことが実を結びつつあります」

と述べた。さらに、こうした中、ブルーメ氏は販売台数がポルシェの成功を評価するうえでの副次的な尺度に過ぎないとし、

「私達にとってさらに大切なことは、顧客への情熱、売上利益率、そして雇用の確保です」 とつけ加えた。



911の伝説は依然としてその勢いは衰えていない。
スポーツカーを象徴するこのモデルは、前年度の販売台数を4%上回り、年間実績を3万2,000台弱とした。

セールスおよびマーケティング担当取締役を務めるデトレフ・フォン・プラテン氏は、
「モデルチェンジの行われた年ではありましたが、こうした結果を残せたことは、911が各市場において多くの人々を魅了していることを示しています」
とコメント。



911ターボをフラッグシップモデルとするニュー911シリーズは、2016年1月末に欧州市場で販売開始予定。
これによって販売台数は再び押し上げられ、売上の安定化を図ることができるというのがポルシェの見解だ。

またこうした成長の牽引役となっているのがSUVモデル、シリーズ最新モデルが販売台数伸長の立役者であることも明らかだとした。
そのマカンは、初めて年間を通じて販売され、8万台以上を達成、ポルシェモデルの中で最も需要の高いモデルとなった。


僅差でその後に続いたのはカイエン(7万3,119台)、マカンとカイエンの販売台数は、昨年度比で、いずれも2桁の伸び率を示した。

一方、ケイマンの販売台数の伸びは1%にとどまった。
また、パナメーラおよびボクスターモデルは昨年度のレベルを下回った。この理由は、モデルチェンジの時期が迫っているためとし、2016年には新たな成長が期待できるとのこと。
今後、ボクスターとケイマンの両モデルは、718モデルというシリーズになり、技術的およびデザイン的な融合を続けていくとした。

2015年は、中国が初めて単一市場の中で最も結果を残し、ポルシェモデルの販売台数を5万8,009台とした。
2014年の実績比、24%伸長。
2位は、5万1,756台を販売、10%伸長のアメリカだった。
なお、欧州市場の成長率は24%で、販売台数は7万5,354台。欧州市場の中で最も売上げを伸ばした単一市場はドイツで、合計2万8,953台(21%増)が販売された。


■ポルシェ 2015年 販売実績



■ポルシェ 公式サイト
http://www.porsche.com/japan/