Movistar Yamaha MotoGP 2016
Movistar Yamaha MotoGP が、1月18日、スペインのバルセロナにて、2016シーズンのチーム体制発表を行った。会場には、ホルヘ・ロレンソ選手とバレンティーノ・ロッシ選手、MS 開発部・部長の辻幸一、ヤマハ・モーター・レーシングのマネージングダイレクター、リン・ジャービス、チームディレクターのマッシモ・メレガリらが登壇。

Movistar Yamaha MotoGP 2016 Movistar Yamaha MotoGP 2016
新しいカラーリングの 2016年型「YZR-M1」を発表し、2016年の目標として、昨シーズンと同様、MotoGP 三冠獲得を掲げた。
Movistar Yamaha MotoGP 2016
2015年11月に行われたバレンシアでのテスト以来、レースは冬期休暇に入り、ヤマハのエンジニア達はオフシーズンも休むことなく「YZR-M1」の開発に取り組んだ。スペイン人ライダーのロレンソ選手、イタリア人ライダーのロッシ選手もまた、新シーズンに向け徹底的にトレーニングを行っており、今シーズンもまた世界一を証明すべく準備を整えている。
チームはこのあとマレーシアに移動し、2月1日から3日間、セパンサーキットで行われる今季初の公式テストに参加する。

Related Gallery:Movistar Yamaha MotoGP 2016

J・ロレンソ選手談
Movistar Yamaha MotoGP 2016
「マシンとチームの発表は、いつだってとても大切なイベント。冬休みが終わってチームのみんなと顔を合わせ ると、まるで休暇などなかったみたいに、すべてが自然に、以前と同じ状況になるんだ。ニューマシンの発表もいつも楽しみにしているけれど、昨年、好成績を経験した今は、いつも以上にモチベーションが高まっている。2016年仕様のカラーリングもとても気に入っているし、早く僕の YZR-M1 に乗りたくて待ちきれない。そして新シーズンでの新たなチャレンジが始まるけれど、すべての試練を乗り越えることができると確信している。冬休みのほとんどをトレーニングにあて、タイトルを守るために100%の準備をしてきた。昨シーズンのマシンは非常に強かったので、多くの記録に並んだり塗り替え、何度も表彰台に上ることもできた。でも今年は、それ以上に多くのものを手に入れられると信じている。僕自身はアップダウンもあったけれど、そのことによって、最後まで戦い続けることを学んだ。今年はこの経験を生かしていきたいけれど、まずは今季初のテス トとなるセパンで成功をおさめたい!」

V・ロッシ選手談
Movistar Yamaha MotoGP 2016
「最高峰クラスで17回目のシーズンを迎えるわけだけれど、シーズンのスタートはいつだってエキサイティングなもの。YZR-M1 との関係はとても良好だし、この新たなスタートは、まるでちょっと遅いクリスマスプレゼントを開けるような感覚だよ! チームのプレゼンテーションを行うということは、シーズンのスタートがすぐそこ まで迫って来たということだからね。去年は非常に順調で、勝利への欲求はそのときすでにとても大きくなって いた。2年連続でランキング2位を獲得したことで、僕の走りとヤマハのマシンの安定的な強さを証明することもできたと思う。そして今年は、そのレベルをさらに上げようとしているんだ。オフシーズンの間にも、ヤマハは マシンを最高の状態に引き上げるために努力を続けてきたし、僕自身もセパンでの初テストに照準を合わせて激しいトレーニングを行ってきた。世界のベストライダー、世界のベストチームと戦うわけだから、常に最大 限までプッシュしなければならない。そのスタートがシーズン前のテストというわけだ。
2016年仕様のカラーリングはかなり人目を引くもので、とても気に入っている。見ていると乗りたくなってしまうけれど、残念ながらもうしばらく待たなければならないね。このチームでまた一緒に仕事をするのを楽しみにしているし、去年と同様、最高の結果を求めてすべてを賭ける。新型 ECU やミシュランタイヤと、これからどんな ふうに付き合っていくのか、このことにもとても興味があるよ。そして今年も、勝利を目指して戦うことができるだろうし、すばらしいシーズンになると確信している」


■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp