東京オートサロン 2016」では、ホンダであって、ホンダでない!? というホンダ「S660」、「N-ONE」をカスタマイズしたモデルが出展され注目を浴びていたのでご紹介しよう。

この2台は、ホンダのブースから少し離れた一般出展者が展示するスペースに展示されており、会場に行かれた方も見逃した方もいるかもしれない。

​実はこのカスタマイズカーを手掛けたのは、ホンダのアクセサリーの開発などを行っているホンダアクセスの有志の「N lab.」。つまり、オフィシャルではなくプライベートカスタマイズカーなのだ。

Related Gallery:TAS2016 Honda Access S660 N-one


こちらが、S660をカスタマイズしたS600 NEO CLASSICだ。

外装はS660の面影がないほどガラリとチェンジされている。なんとなく懐かしくも新しくもあるNシリーズのコンセプトが、S660に展開されたようなカッコよさが感じられた。


リア周りも一新されており、非常に完成度が高いデザインに仕上げられている。

ベースのS660と同様にルーフ部分はオープンにすることが可能とのことだ。

来場者からはカッコいい、元のS660よりも好きといった声が聞こえ、製品化への大きな期待が感じられた。


インテリアは、専用のハードタイプの助手席パネルの他、タンカラーの革シートに変えられ、コンセプトにあったイメージの調和がとれた仕上がりになっている。

なお、この車両は、なんと、会場で開催された東京国際カスタムカーコンテスト2016のKカー・コンパクトカー部門で最優秀賞を獲得した。


こちらは、N-ONEベースの軽トラックであるFRIENDRY 2 SEATERだ。

正面から見るとN-ONEにしか見えないが、ウッド調のプリントがグリルパネルに施されており、こちらもネオクラシカルな印象を受けた。


車両後方から見ると、ウッドパネルで装飾された荷台が目に飛びこんでくる。

商用車としての軽トラックではなく、おしゃれなライフスタイルを想像できるようなわくわく感を感じられる仕様に仕上げられているのだ。

プライベートな出展のため、すぐに製品化ということは難しいだろうが、今回の最優秀賞の受賞も踏まえて、一部パーツの製品化や車両自体の量産化も期待したい。


■ホンダアクセス 公式サイト
http://www.honda.co.jp/ACCESS/