【北米国際自動車ショー2016】ボルボ、新型セダン「S90」を公開
Related Gallery:2017 Volvo S90

Related Gallery:2017 Volvo S90: Detroit 2016

ボルボは、新型「S90」を北米国際自動車ショーで公開し、活性化に向けた次のステップを踏み出した。この新しいラグジュアリー・セダンは、先月スウェーデンのイェーテボリにあるボルボ本社で初披露されたが、メジャーなオートショーに出展されるのは今回が初となる。

新型S90は「S80」の後継車であり、昨年発表された「XC90」に続くボルボの新世代モデル。これはフォードから中国企業に親会社が変わったことにより、旧いモデルをあまりにも長いこと販売し続けていた同社が、勢いを取り戻しつつあることの現れだろう。ボルボは、このS90をアウディ「A6」BMW5シリーズ」、メルセデス「Eクラス」といった強豪ひしめくセグメントに送り込み、勝負に臨もうとしている。他にも、ジャガー「XF」マセラティ「ギブリ」アキュラ「RLX」インフィニティ「Q70」レクサス「GS」キャデラック「CTS」リンカーン「MKZ」といったライバルたち(これで全部だろうか?)と争わなければならない。

S90はXC90と同じくモジュラー式プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ(SPA)」を採用しており、パワートレインのラインアップも共通だ。どれも2.0リッター直列4気筒エンジンをベースとしているが、それぞれ高出力を引き出すアシスト装置が搭載されている。ターボチャージャー付き「T5」エンジンは最高出力240hp、スーパーチャージャーを組み合わせた「T6」エンジンは最高出力302hpを発揮。そして、最上位モデルに搭載されるプラグインハイブリッドの「T8」は最高出力410hpを発生する。また、XC90と同様に多数の先進安全機能や、前方車両なしでも自動的に車線を維持しながら高速道路を走行できるセミ自動運転機能「パイロットアシスト」など多数の新技術を採用している。

そしてもちろん、これらの機能がすべて、車高の高いクロスオーバーではなく、流麗なボディに収まっている。テールライトは独特な形状をしており、「トールハンマー」と呼ばれるT型のヘッドライトの方が受け入れやすいが、全体的には優雅な印象だ。あとは、北米国際オートショーの会場から届いた写真や映像をじっくりご覧いただき、皆さんの目でご確認いただきたい。詳細はボルボ・カーズの公式サイトをどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー