日本ミシュランタイヤ株式会社(以下、ミシュランタイヤ)は、乗用車向けに高い安全性とさらなる低燃費性を目標に開発した低燃費タイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER(ミシュラン エナジー セイバー)」に新たに軽自動車、コンパクトカー向けサイズを追加し、2月1日より順次発売を開始する。

発売サイズは13インチから15インチの計5サイズで価格はオープン価格となっている。
MICHELIN ENERGY SAVERはラべリング制度で転がり抵抗A/ウェット性能cを実現した低燃費タイヤである。

■発売サイズ




ラべリング制度と低燃費タイヤについて・・・
2010年1月から、タイヤの転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を等級制度に基づき表示するラベリング(表示方法)制度がスタートした。
このラベリング制度は、社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)が自主基準として策定したもの。
転がり抵抗係数の等級がA以上でウェットグリップ性能の等級がaからdの範囲内にあるものを「低燃費タイヤ」として定義している。


ラベリング制度の詳細:(社)日本自動車タイヤ協会のホームページ参照
http://www.jatma.or.jp/labeling/




■日本ミシュランタイヤ 公式サイト
http://www.michelin.co.jp/

■MICHELIN ENERGY SAVER 公式サイト
http://www.michelin.co.jp/tyre/patterndetail/PassengerCar/EnergySaver