【噂】Appleが「Apple.car」など自動車を連想させる3つのドメインを取得
Appleがクルマを作るのではないかとのが再燃している。Apple社や製品に関する情報サイト『MacRumors』によると、この米国の大手テクノロジー企業が「Apple.car」、「Apple.cars」、「Apple.auto」という3つのドメインを取得したという。これらのドメインは昨年12月に登録されたが、今のところいずれもページは開設されていない。

このドメイン登録は、Appleが水面下で自動車に関する作業を行なっている更なる証拠と言えるだろう。同社の電気自動車プロジェクトは、コードネーム「タイタン」として報道されており、その開発には数百人が携わっているとみられる。噂では2019年にもこの製品が市場に出ると言われているようだ。

また、Appleが電気自動車とバッテリー技術の専門家を他のトップ企業から引き抜いたいう話もしばしば報じられている。例えば、電動オートバイメーカー、ミッション・モーターサイクルズの主張によると、Appleがトップエンジニアを引き抜いたことが同社の倒産の一因になったという。また、テスラCEOのイーロン・マスク氏は、テスラの電気自動車ビジネスで成功できなかった多くの元従業員をAppleが雇っていると語り、冗談交じりにAppleを「テスラの墓場」とさえ言っている。

しかし、これらのドメイン取得だけで期待するのは現段階では控えた方がいいだろう。というのも、AppleはこれらのサイトをユーザーのiPhone画面とクルマのインフォテインメントシステムをつなぐ自社のCarPlay技術にリンクさせようとしているのかもしれない。もしくは、他者がこれらの登録を行なって後で買い取る羽目になったり、他者がApple carのまがい品で利益を得ようとしたりするのを阻止する目的でドメインを抑えた可能性もある。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー