【北米国際自動車ショー2016】V12エンジンを搭載した、究極のコンバーチブル「メルセデスAMG S65カブリオレ」
Related Gallery:2016 Mercedes-AMG S65 Cabriolet: Detroit 2016

Related Gallery:Mercedes-AMG S65 Cabriolet

ダイムラーが注力し拡大を進めているコンバーチブルのラインアップにおいて、新たに加わったフラグシップモデル「メルセデスAMG S65カブリオレ」は、新型「Sクラス カブリオレ」の最上級バージョンだ。広々とした4人乗りのキャビンと、3層構造の電動ソフトトップを備え、さらに風の巻き込みを抑える「エアキャップ」、乗員の首まわりを暖める「エアスカーフ」など様々な機能を装備する。パワートレインは、ドイツ・マンハイムにある工場で、AMGの職人が一基ずつ手作業で組み立てる6.0リッターV型12気筒ビターボ(ツインターボ)・エンジンを搭載し、最高出力630hp、最大トルクは102kgmを発揮する。

このエンジンは、「S65クーペ」や「S65セダン」は言うまでもなく、スポーツ・オフローダー「G65」やロードスター「SL65」に搭載されているものと同じだ。7速オートマチック・トランスミッションを組み合わせ、0-100km/hを4.1秒で加速。最高速度は電子制御で250km/hに抑えられているが、オプションのAMGドライバーズ・パッケージを選べば300km/hに達する。

価格はまだ発表されていないが、米国では以前予想した250万ドル(約2,940万円)という金額からは大きく変わることはないだろう。つまり、街の最も高級なホテルやレストランで駐車係として雇ってもらわない限り、我々のほとんどはこのクルマを運転することもないというわけだ。発売は各国で2016年5月より順次開始されるという。新たなフラグシップ・カブリオレをよく見たい方は、北米国際自動車ショーから届いた写真でご堪能いただきたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー