【北米国際自動車ショー2016】BMW、最もコンパクトな「M」の新型モデル「M2」を公開
Related Gallery:2016 BMW M2

Related Gallery:2016 BMW M2: Detroit 2016

BMWは昨年10月に新型「M2」を発表したが、この新型スポーツクーペが実際にカタチとなって我々の目の前に現れるのは、デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー2016が初となる。1970年代の「BMW 2002ターボ」の精神を受け継ぐコンパクトで高性能なこの2ドア・モデルは、強力な直列6気筒エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動する。

この3.0リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンは、6速MTまたは7速のダブル・クラッチ・トランスミッション(DCT)と組み合わされ(日本仕様は7速DCTのみ)、最高出力370ps、最大トルク47.4kgmを発生。車両重量は1,580kg。MT車では少し軽くなる。0-100km/h加速は4.3秒(6速MTは4.5秒)、最高速度は250km/hで電子制御リミッターが作動するが「Mドライバーズ・パッケージ」を選べば270km/hまで向上する。

このM2の登場で、最高出力が44ps劣る「M235i」や、35ps劣る旧モデルの「1シリーズMクーペ」のことは忘れ去り、61ps上回るが価格も高い「M4」の可能性を検討したくなるだろう。ミシュランの19インチ「パイロットスーパースポーツ」タイヤ、アクティブ・リアディファレンシャル、アグレッシブな印象のボディキットといった魅力的な装備を考えると、新型M2は急速に誰もが運転したくなるクルマとして最善の選択に思えて来るだろう。ちなみに日本でも770万円(消費税込み)という価格で現在予約を受付中だ。




■BMW 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/

■BMW M2クーペ 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m2-coupe/2016/introduction.html


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー