【北米国際自動車ショー2016】水素燃料電池を搭載したアウディ「h-tron クアトロ・コンセプト」
Related Gallery:Audi H-Tron Concept

Related Gallery:Audi H-Tron Concept: Detroit 2016

アウディは、昨年発表された「e-tron クアトロ・コンセプト」の水素燃料電池バージョンである「h-tron クアトロ・コンセプト」を、今回の2016年北米国際自動車ショーに出展した。アウディとフォルクスワーゲンが開発した第5世代の燃料電池技術を搭載した、この未来的なクロスオーバーの推定航続距離はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)で600km。アウディによれば、ルーフ全体に設置されたソーラーパネルから、年間最大1,000km分の電力を補うことができるという。

h-tronのパワートレインは、燃料電池と追加出力用のリチウムイオンバッテリーの両方から電力が供給される。乗員スペースの下には3つの水素タンクを配置し、燃料電池システムだけで110kW(150ps)の出力が得られるが、さらにリチウムイオンバッテリーが100kW(136ps)を発生し、加速時に出力を最大に高めることに貢献するという。最大トルクは全体で56.1kgmにもなる。フロントとリアの車軸に駆動用モーターを搭載する、いわば「クワトロ」システムの電動バージョンによって4輪を駆動。0-100km/h加速は7秒を切るという。

デトロイトに展示されているh-tronは鮮やかなイエローのペイントが目を引くが、それ以外の外観はe-tronクアトロとほとんど同じに見える。どちらもフォルクスワーゲン・グループによる第2世代の縦置きモジュール「MLB evo」を採用している。異なるパワートレイン技術を搭載しているにも関わらず、同一のフロアを使用できるところが、このモジュール戦略によるフレキシビリティの高さだ。

エクステリアで注目すべき変更箇所といえば、ダクトがなくなったボンネットと、拡大されたフロント下部の開口部だろう。インテリアに関してもこの2台は瓜二つで、どちらもOLED(有機発光ダイオード)ディスプレイを使用したアウディのバーチャルコクピットが採用されている。詳しくはアウディ ジャパンの公式サイトからニュースリリースをご覧いただきたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー