HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
フォーティーエイトはハーレーのラインナップのなか、トップセールスを誇る人気者。なんといってもスタイリングがいい。オートバイにあまり興味のない人に見せても、かなりの確率で「カッコイイ」と返ってくる。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
ハーレーと言えば、広大なアメリカ大陸の真っ直ぐな道を延々と旅するようなイメージがあるかもしれないが、その一方で都会のストリートが似合うダークなイメージもある。フォーティーエイトは間違いなく後者。全身をブラックアウトした手法は「ダークカスタムモデル」と呼ばれ、若い人にも好まれる。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
小振りな燃料タンク、太いフロントタイヤ、アンダーマウントミラーなど、生まれながらにしてカスタムの匂いがムンムン漂う。決して優等生ではない、反骨心というか不良というか、そんなムードが人気の秘訣だ。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
2016年モデルでは足まわりを一新し、よりスポーティに、より乗り心地が良くなった。まず、太くなって見た目にも頼もしいフロントフォークは、カートリッジ式へとグレードアップ。従来型ではインナーチューブ径39mmだったが、49mmに拡大。軽快なハンドリングをそのままに、強い衝撃も難なく吸収するダンパー力を持ち合わせた。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
前後ホイールも一新され、まるでリプレイスホイールのような完成度の高さ。逞しいフロントエンドが完成しただけでなく、腰下重量の軽減によってハンドリングがますます軽い。
リアショックも同じことが言える。初期荷重ではしなやかに動き、負荷がかかったところではしっかり踏ん張りの効くダンパーになっただけでなく、プリロード調整もしやすくなった。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
ただし、コーナリングではひと癖あるのを相変わらず感じる。寝かし込むには、エイッときっかけをつくって体ごとマシンをバンクさせる必要があり、ブレーキングからそのまま車体が寝ていくような流れは意識しなければつくれない。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
ステップもすぐに路面を擦り、バンク角がもの足りないが、それらは決して短所ではなく、フォーティーエイトならではの面白さ、醍醐味だと思う。乗り味にも個性がある、それでいいじゃないか。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
ほかにも、エアクリーナーボックスを楕円からラウンド型に変更したほか、マフラーも新型に。ヒートガードにスリットが入るなど、個性を演出する装備がますます増えている。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
スッキリとしたリアセクションは、左右のウインカーにテール/ストップランプを内蔵したことで実現。これはもう、最近のハーレーではお馴染みの装備だが、とにかく細かいところまで手が込んでいる。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
ハーレーの代名詞となっている空冷Vツインは、街乗りで多用する常用回転域で力強く、5速トップギア2,300rpmで80km/hに達し、100km/h巡航は2,900rpmで楽々こなしてくれる。1,201ccもある排気量にものを言わせ、極低回転域でもトルクフル。発進時も半クラは不要だ。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
Vツインエンジンを抱える武骨なスタイルの中に、オーナーの所有欲を満たす造形美あふれるパーツが盛りだくさん。アメリカ仕込みのダークさが、フォーティーエイトの大きな魅力となっている。

Related Gallery:HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
■岡崎五朗
HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
 17歳で限定解除をして以来、いろいろなバイクに乗ってきたが、ハーレーに乗るのは今回が初めて。第一印象はシートの低さ。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
重心が低いためか極低速でもドッシリ安定してるから、ゴー&ストップの多い街中ではとても楽に扱える。ステップの位置にもすんなり馴染めた。これは意外な発見だった。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
その反面、思ったよりエンジンが静かで、トルクもこれで本当に1,200cc?と思うぐらい控えめだったのにはやや拍子抜け。もし購入したらサウンドとエンジン特性には真っ先に手を加えたい。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
スタイルと質感は文句なしに魅力的。これで「心臓」に迫力が加われば、最高にイカしたストリートクルーザーになるだろう。

■今井優杏
HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
足付きこそ抜群なものの、乗り馴れたポジションじゃないってだけで乗り出しに若干の勇気が必要......特にこういう、手足を前に放り出すようにして跨がるポジションは、意外に走り始めのバランスを掴みにくい。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
それに、やっぱりくの字に折れ曲がった腰にこのガチガチサスペンションは若干キツイ。先代比較ではこれでも随分よくなったらしきストローク量ではあるそうなのだけど、先代を知らない私としては特にリアのほうのそれのカタさ、フレキシビリティのなさが気になった。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
しかし、やっぱり結局はその「抜群の足付きのよさ」が、不慣れとか扱いにくさをなにもかもカヴァーしてくれて、信号一個分くらいの区間さえ乗っちゃえばあっという間に身体をバイクに慣らすことができる(腰にはキますけど!)。

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
抜群に取り回しがラク。究極にノーストレス。なのにイバリの効くveryアメリキャ〜ン!なグッドルッキングで、まあそりゃ人気ナンバーワンだよね、と至極納得。アシのカタさはちょっと我慢しちゃえばそれでい〜のだ!

HALEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT
そう、身長162センチの私が跨がって抜群のサイズ感という、こんなにコンパクトなボディでありながら、ハーレーがハーレーたる魅力を、取り回しに四苦八苦しないで知ることができるのがこの一台。ぎゅっと濃縮還元みたいな魅力がある。

■ハーレーダビッドソンジャパン 公式サイト
http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html