【北米国際自動車ショー2016】レクサス、新型フラッグシップ・クーペ「LC500」を発表!
Related Gallery:2017 Lexus LC 500: Detroit 2016

レクサスは、11日に米国デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーで、新型フラッグシップ・クーペ「LC500」を発表した。噂されていた通り、2012年に同じデトロイトで公開されたコンセプトカー「LF-LC」の市販バージョンだ。



Related Gallery:Lexus LC500

プレスリリースで「レクサス新時代の始まり」とあるように、新開発されたプラットフォームは人や重量物をより中央に近く、より低く配置し、低重心かつ前後重量配分などの「慣性諸元を作り込んだ」という。フロント・ミドシップに搭載するエンジンは、「RC F」や「GS F」と同じ「2UR-GSE」型自然吸気V型8気筒。4,968ccの排気量から、米国仕様では最高出力475ps/7,100rpmと最大トルク54.0kgm/4,800〜5,600rpmを発生する。ただしトランスミッションには新開発の10速オートマティックが採用された。構成部品をアルミにすることで大幅な軽量化と部品の小型化を実現したというこのATには、アクセル、ブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバーの意図を読み取り、最適なギアを選択する新制御も採用されているという。開閉式バッフルを備えるアクティブ・エキゾーストは、「ノーマル」モードではエンジンの回転数が3,500rpmを超えると開き、アグレッシブな排気音を響かせる(「スポーツ」モードでは始動したときから開いているそうだ)。0-60mph(約96.6km/h)加速は4.5秒以下と発表されている。






プラットフォームに合わせて新開発されたサスペンションは、上下ともに2本のアームを持つマルチリンク式。四隅に配置された大径ランフラット・タイヤはミシュランが新たに開発したという「パイロット スーパースポーツ ZP」で、前245/40RF21、後275/35RF21サイズが、21インチ鍛造アルミ・ホイールに装着される。標準は20インチ鋳造アルミホイールと前245/45RF20、後275/40RF20タイヤの組み合わせ。オプションで20インチ鍛造ホイールも用意される。ブレーキ・キャリパーは前6ピストン、後4ピストン。これも"F"譲りか。




大柄な2ドア・クーペ型のボディは、全長4,760mm × 全幅1,920mm × 1,345mm。剛性を高めるだけでなく、「走行中のボディへの力の入力や変形特性にも着目し、回頭性が良く、ドライバーの思い通りにラインをトレースできる性能を実現」したという。RC Fと比べると、55mm長く、70mm幅広いのに、45mmも低い。そしてホイールベースは2,870mmと、140mmも長い。真横から見ると前後オーバーハングの短さがよく分かる。ルーフや荷室ドア、サイドドアの内側にカーボンファイバーを採用することで、軽量化と低重心化、ヨー慣性モーメントの低減を図ったという(グラス・ルーフが標準で、カーボンファイバー・ルーフはオプション)。

お馴染み「スピンドルグリル」の両側には新開発の超小型3連LEDヘッドランプユニットとL字型に発光するLEDクリアランスランプを装備し、テールランプは縦型に伸びたターンシグナルが特徴的。




レザーやアルカンターラを使ったインテリアは、2名が乗車可能な(小さな)後部座席を備える4人乗り(2+2シーター)。ドア・バネルやセンター・コンソール、ダッシュパッドなど、細心の「"匠"クラフツマンシップ」によって仕上げられているという。コクピットは、「ドライバーとクルマの一体感を醸成」するように、シートのホールド性、ペダルの配置、ステアリングの傾角および断面形状など「徹底した走り込みによって細部まで拘った」とのこと。「シフト・バイ・ワイヤ」を採用したトランスミッションのパドルはマグネシウム合金製。また、「直感的な操作に対応した次世代マルチメディア」が操作系に採用されているという。米国仕様では専用開発されたパイオニア製オーディオが標準で、マーク・レビンソンのサウンド・システムがオプションで用意される。




もちろん安全機能も充実しており、ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、危険を感知すると自動ブレーキが作動する「ブリクラッシュセーフティ」や、車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト」、ヘッドライトのロービームとハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、先行車との車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール」という4つの先進安全技術をパッケージ化した「Lexus Safety System +」を装備する。

トヨタの「ソアラ」を祖とする大型ラグジュアリー・クーペの最新モデルは、「SC」の名前を復活させるのではなく、フラッグシップ・セダン「LS」と並ぶ名前が与えられた。記事中で何度「新開発」という言葉を使ったことか。日本での発売は2017年春頃を予定しているという。なお、今後はV6エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドの登場も予想される。さらに動力性能を引き上げた「LC F」が出るという噂もあるが、すでに"F"の心臓を持つLCに、一体どんなパワーユニットが詰め込まれるのだろうか。LC500に関する詳しい情報は、以下のURLからレクサス公式サイトの専用ページをご覧いただきたい。


レクサス 公式サイト:LC500
http://www.lexus-int.com/jp/motorshow/2016-detroit-auto-show/