シボレー、新型「クルーズ ハッチバック」を北米国際自動車ショーに出展
Related Gallery:2017 Chevy Cruze Hatchback

すでに報じられていた通りシボレーが「クルーズ」の5ドア・ハッチバックを米国で発売することになった。発売時期は2016年秋、それに先駆け今月11日~24日に開催される北米国際自動車ショー2016で一般公開される。今まで「クルーズ ハッチバック」は、欧州など他の市場でしか手に入らなかったのだが、米国で販売しないという判断は明らかに「倒産前の手続きのミス」だったと、ゼネラルモーターズ(GM)のマーク・ロイス氏は語っている。

2017年モデルの「クルーズ ハッチバック」は、昨夏に発表された第2世代の新型「クルーズ」をベースに、多彩な機能が付け加えられている。カーゴスペースは、リアシートを倒した時には42立方フィート(1,189リッター)にもなる。2代目クルーズは、2008年に登場した初代(日本で販売されていたスズキ製モデルは米国で売られていなかったので数えられていません)に比べ、約91kgも軽量化されているという。

「クルーズ セダン」は、「L」「LS」「LT」「プレミア」の4つのトリムが用意されているが、5ドアタイプは「LT」「プレミア」のみ。しかし、オプションのRSパッケージは追加できる。エンジンは全車共通で、最高出力153hp、最大トルク24.4kgmを発生するターボチャージャー付き1.4リッター直列4気筒。エンジンで駆動。Appleの「CarPlay」とGoogleの「Andoroid Auto」に対応するシボレーのインフォテインメント・システム「MyLink」や、「カローラとシビックさえも凌ぐ」とプレスリリースに書かれているほど多数の先進安全機能が標準で装備される。

販売価格は今のところまだ発表されていないが、ハッチバックはセダンのプレミアモデルよりも若干高くなると我々は見込んでいる、ちなみに、新型セダンのLTモデルは2万1,995ドル(約258万円)から、プレミアモデルは2万3,995ドル(約280万円)からとなっている。ハッチバックの価格は、秋の発売が近くなればわかることだろう。


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー