Audi CES2016
アウディは、1月6日から9日まで、ネバダ州ラスベガスで開催されている、CES(コンシューマ エレクトロニクス ショー)への出展にあたり、将来の自動車産業が確実に向かうであろう3つのトレンド『EV化』、『デジタル化』、『自動運転化』に焦点をあて臨むとしている。

Related Gallery:Audi_CES 2016

今やアウディの大きな強みに成長したユーザーフレンドリーなオペレーションシステムが、これまでにないソリューションの数々を含んだオペレーション&ディスプレイシステム "HMI (ヒューマン マシン インターフェイス)"に進化。触覚フィードバック技術に対応した、大型アクティブ マトリクス式有機EL(AMOLED)を特徴とするHMIのインテリアモデルを、今回のCESに登場させた。

AUDI AG電子電装開発部門 統括責任者のリッキー フーディー氏は、
「近未来における自動車のインテリアは、これまでにお客様が目にしていたものや、操作してきたものとは根本的に異なるまったく新しいものに置き換わるでしょう。私たちは、これまで成功を収めたアウディ バーチャルコクピットを、アウディ バーチャルダッシュボードに進化させ、お客様がこれまで経験したことのない、まったく新しい世界を創造しました。近い将来、この新しいシステムは、お客様の習慣や嗜好への理解を深め、より積極的に多くのサポートをお客様に提供するようになります」とコメントしている。

スマートフォンやスマートウォッチなどのモバイルデバイスがシームレスで接続可能な最先端オペレーション&ディスプレイシステムの背景には、アウディが開発した次世代のモジュラー インフォテインメント プラットフォームMIB2+ が存在する。
より高度な処理・演算能力を身につけたMIB2+は、高解像度のディスプレイ採用を可能としただけでなく、最新鋭の無線通信規格であるLTEアドバンスにも対応する。

アウディコネクトを基軸としたオンラインサービスは、その守備範囲を急速に拡大しているという。
スマートフォン向けアプリ"Audi MMI コネクト"をインストールすると、車両の位置情報を表示するなど、自動車に特化した数多くのリモート機能を利用出来る。また、2016年からは第4世代のアップルTVの利用が可能に。
さらにEU圏内であれば、これまでアウディコネクトSIM使用中に国境を越えた際に必要だったアクティベーション作業が不要となり、自動的にローミングしてアウディコネクトのサービスを提供するという。

Car-to-Xサービスの提供をはじめ、アウディは今年から、クルマの情報通信化を拡充していく。
欧州向けの新サービス"トラフィックサイン インフォメーション"と"ハザード インフォメーション"により、今後発売されるモデルは、相互連携を行うことで他のクルマとともに「スワーム(swarm)」の一部となる。
また、北米向けに提供される"トラフィックライト インフォメーション オンライン"サービスは、携帯電話ネットワークを通じて、車両と市街の信号機制御コンピュータ間を繋ぐという。


Audi e-tron quattro concept
また今回のCESには、アウディのエレクトロニクス戦略を象徴する、オールEV化されたスポーツSUV、Audi e-tron quattro concept study(アウディ イートロン クワトロ コンセプトスタディー)が出展されている。
合計出力370kWを生み出す3個のモーターからの駆動力が、状況に応じてリヤアクスルにも供給され、quattroドライブを生み出すという。
これにより、ダイナミズムとスタビリティが最大に発揮される。95kWhを誇るバッテリーを採用したことで、最長航続距離は500kmに達する。
Audi e-tron quattro concept studyで起用された新技術は、2018年に発売される生産モデルに搭載され、市販化される予定だ。

Audi CES2016 Audi CES2016
Audi e-tron quattro concept studyには、渋滞中や駐車時における自動運転機能も搭載している。
これらの機能は、運転が困難な、もしくは単調になる場面に直面したドライバーに、より高い安全性、時間の節約、効率性、利便性を提供する。
これら自動運転機能に関して、アウディは何年にも渡り、先駆者として成果をあげ続けているという。
進歩する自動運転機能の中核を成すのが、zFASと呼ばれる統合ドライバーアシスト コントロールシステムだ。
3Dカメラ、レーザースキャナー、レーダー、超音波などを駆使した各種センサーが集めた情報は、すべてこのコンパクトなモジュールに集約され、統合的に分析される。zFASは、その非常に優れた処理能力を背景に、自車の情報と周辺を走行する同システム搭載車から送られる情報の比較分析を常時行うという。

Audi CES2016
この分野においてアウディは、HEREデータベースに随時蓄積されるクラウドデータを活用する。HERE社は、AUDI AG、BMWグループ、ダイムラー社によって2015年12月に取得。
将来的に、自動運転車は1センチ単位での正確で詳細なナビゲーションデータを必要とするが、HEREに蓄積されるライブデータを活用することにより、車両は自身が向かっている前方で何が起きているかを事前に知ることが可能となるという。これにより、車両は緊急事態発生の有無を可能な限り短時間で察知し、現在の走行状況を変化させるかどうかを判断出来るとしている。

Related Gallery:Audi e-tron quattro concept_2016 CES


この他の展示においても、アウディが自動車のエレクトロニクス化という分野において、牽引役となっている様子を感じることができるとし、マトリクス有機ELやマトリクスレーザー技術を応用したライトシステムなどがその一例として紹介されている。


Audi FitDriver - Logo Audi FitDriver - Features

さらにアウディは、ヘルス マネージメント分野にも進出。
これは、目的地でクルマを降りたドライバーが、クルマに乗り込んだ時よりもリラックスした状態にするというもの。
アウディは"アウディならこんなことまで(My Audi cares for me)"をモットーに、ドライバーの頼りになるアドバイザーになるような「アウディ フィット ドライバー」システムを中期的に実現していくとしている。

Audi VR experience Audi VR experience
さらに、アウディの購入を検討している方に有益な情報提供を行う、Audi VR experienceも展開。
これは、販売店においてセールスアドバイザーが、VR(ヴァーチャルリアリティ)ヘッドセットなどのデバイスを用いて、顧客の心に描いた理想のクルマを、詳細かつリアルに再現し体験してもらうものだという。
アウディは2016年からこのシステムを運用する初の自動車メーカーとして、高度に先進的なVRシステムを販売活動に導入していくとしている。

CESには、市販モデルから、Audi Q7、Audi A4、そしてAudi R8 V10 Plus も展示している。


■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/