Volkswagen AG
フォルクスワーゲンは、ラスベガスで開催中のCES 2016において、モジュラー エレクトリック ドライブキット(MEB)をベースにしたコンセプトカー、「BUDD-e」を展示、電気自動車開発における次なるステップを示した。

Related Gallery:Volkswagen BUDD-e
Volkswagen AG Volkswagen AG
フォルクスワーゲン ブランド取締役会会長のDr. ヘルベルト ディースは、CESに集まった2,300人の来場者の前で、「BUDD-e は、近未来のトレンドセッターです。」と述べ、さらに Dr. ディースは、革新的な「e-Golf Touch」も発表した。このクルマは、より大型化されたディスプレイとジェスチャーコントロールを含め、新しいディスプレイおよび制御コンセプトを備えた、量産車向けの次世代インフォテインメント システムを搭載している。
Volkswagen AG
世界初公開された「BUDD-e」は、未来のモビリティに向けた次なるステップを示し、新開発の電気駆動システムは、最大 533km(NEDC:新欧州ド ライビングサイクル)/ 233 マイル(EPA:米国連邦環境保護庁による予測実走行可能距離)という、長い航続距離を実現。4 輪駆動を採用した車両システムは、合計で 235 kW/317 PS の出力を発生。このコンセプトカーは、バッテリーを車両のフロアに搭載するで、あらゆる制限から解放され、まったく新しいインテリアデザインを可能にしている。Dr. ディースは、「私たちは、特に電気自動車による長距離移動用に設 計された、完全に新しくユニークな車両コンセプトを開発しています」と語った。「BUDD-e」は、初代フォルクスワーゲンバスを現代的にアレンジ。そのハイライトの一つは、30分ほどでバッテリー容量の80%まで充電可能な時間。

「BUDD-e」に加え、フォルクスワーゲンは、生産モデルをベースにした「e-Golf Touch」を発表。 「e-Golf Touch」の特徴は、最先端のインフォテインメント システムとともに、近未来のカギとなるコネクティビティトレンドの一つを反映している。「e-Golf Touch」は、革新的なジェスチャーコントロールを備え、9.2 インチ ディスプレイを採用したモジュラー インフォテインメント ツールキット (MIB)の進化バージョンも搭載。このタッチディスプレイは、スマートフォンと自動車の操作をひとつの世界に融合する。

■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html