(マツダ ロードスター)


12月25日、国内メーカー7社が2015年11月度 生産・国内販売・輸出実績を発表した。
(  )内数値は前年同月比

(トヨタ 86 GRMN)

■トヨタ自動車株式会社
国内生産は、269,047台(104.0%)と4ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
海外生産は、中南米・欧州・アジア・オーストラリア・中近東・アフリカ等で増加し、488,878台(103.4%)と、3ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
国内販売は、乗用車105,743台(101.0%)、商用車15,885台(111.0%)、合計121,628台(102.2%)と、2ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
レクサスブランド車の販売は4,833台(130.0%)。
軽自動車の販売は2,356台(87.3%)。
除軽市場におけるシェアは、49.7%(前年同月差+1.1ポイント)、含軽市場におけるシェアは、31.3%(前年同月差+2.7ポイント)となった。
輸出は、北米・欧州・アジア・中近東に向けた輸出が増加し、162,511台(108.3%)と、2ヶ月連続で前年同月実績を上回った。

トヨタ自動車株式会社 公式HP
http://toyota.jp/



■ダイハツ工業株式会社
国内生産は57,805台(0.2%)、軽自動車が増加し、2ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
海外生産はインドネシア・マレーシアともに増加し、47,282台(8.4%)と2ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
国内販売は、軽自動車、登録車ともに減少し、50,750台(-10.2%)と3ヶ月連続で前年同月実績を下回った。
輸出は、780台(4.8%)。

ダイハツ工業株式会社 公式HP
http://www.daihatsu.co.jp/



(ダイハツ キャストスポーツ  /  ホンダ S660)

■本田技研工業株式会社
国内生産は72,416台(116.7%)と16ヵ月ぶり増、海外生産は337,862台(109.3%)と9ヵ月連続で前年超え、単月として過去最高となった。
国内販売は登録車27,130台(108.7%)、届出車26,035台(98.2%)、合計で53,165台(103.3%)と14ヵ月ぶり増となった。
11月単月の主な車種の販売実績は、登録車では「フィット」7,325台、「VEZEL」5,131台、届出車では「N-BOX」14,305台、「N-WGN」6,597台。
輸出は、北米、米国、欧州、アジアともに増え、合計12,691台(575.6%)と5ヵ月連続前年超えとなった。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/



■日産自動車株式会社
国内生産は、66,680台(+6.2%)と2ヵ月振りに前年実績を上回った。
海外生産は、全体で394,447台(+6.2%)と7ヵ月連続で前年実績を上回り、単月として過去最高を記録した。
主に、米国・メキシコ・中国などで前年実績を上回り、米国・メキシコは単月として過去最高を記録。
国内販売は、軽自動車を含む全体で41,786台(-9.3%)と18ヵ月連続で前年実績を下回った。
国内登録は、24,904台(-8.8%)、軽自動車は、16,882台(-10.1%)と共に前年実績を下回った。
輸出は、43,637台(+8.2%)と2ヵ月連続で前年実績を上回った。

日産自動車株式会社 公式HP
http://www.nissan.co.jp/



(日産 エクストレイル ハイブリッド  /  スバル SUBARU XV)

■富士重工業株式会社
国内生産は、60,263台(+4.0%)と2ヶ月振り前年超え、単月として過去最高を記録。
主にインプレッサ/SUBARU XV、フォレスターが増加した。
海外生産は、19,324台(+7.3%)と2ヶ月振り前年超え、単月として過去最高を記録。
北米でレガシィ/アウトバックの好調が続く。
国内販売は、登録車が9,475台(+6.2%)と6ヶ月振り前年超え。
今年10月に大幅改良を行ったフォレスター、SUBARU XVが増加した。
軽自動車は2,467台(-7.0%)、プレオ、サンバーの減少により、3ヶ月連続前年割れとなった。
輸出は、51,052台(+7.5%)と2ヶ月振り前年超え。

富士重工業株式会社 SUBARU公式HP
http://www.subaru.jp/


■マツダ株式会社
国内生産は、乗用車が86,754台(+41.3%)、商用車が1,518(+38.1%)と共に増となり、前年同月実績を上回った(+41.3%)。
主要車種実績:「CX-5」28,116台、「アクセラ」22,573台、「CX-3」13,918台。
海外生産は、乗用車が45,898台(+29.4%)、商用車は3,405台(-31.1%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った(+22.0%)。
主要車種実績:「アクセラ」20,561台、「デミオ」10,207台、「アテンザ」5,456台。
国内販売は、乗用車14,202台(-16.3%)と減、商用車が1,815台(+5.0%)、全体で前年同月実績を下回った(-14.3%)。
主要車種実績:「デミオ」4,540台、「CX-3」2,088台、「アクセラ」1,860台。
シェアは登録車が5.4%、軽自動車が2.0%、総合計は4.1%。
輸出は、欧州、オセアニアなどの増により、合計69,830台(+24.2%)と前年同月実績を上回った。
主要車種実績:「CX-5」24,143台、「アクセラ」19,293台、「CX-3」10,656台。

マツダ株式会社 公式HP
http://www.mazda.co.jp/


(マツダ アテンザ  /  スズキ アルトワークス)

■スズキ株式会社
国内生産は、国内・輸出向けが共に減少し、73,525台(84.4%)と9カ月連続減、前年を下回った。
海外生産は、ハンガリー、パキスタン等で増加したが、インド等で減少し、164,386台(95.7%)と13ヵ月振り減、前年を下回った。
国内販売:軽四輪車は、アルトが増加したが、ワゴンR等が減少し、43,404台(71.4%)と11カ月連続減、全体では前年を下回った。
国内販売:登録車は、新型ソリオと新型エスクード等が増加し、6,715台(137.5%)と3カ月連続増、前年を上回った。
軽四輪車と登録車を合わせた国内販売は、50,119台(76.3%)で11カ月連続減、前年を下回った。
輸出は、欧州、中南米、中近東向け等が減少し、9,500台(83.2%)と8カ月連続減、前年を下回った。

スズキ株式会社 公式HP
http://www.suzuki.co.jp/