【噂】250hpのフォード「フィエスタRS」、2017年に誕生か
Related Gallery:2014 Ford Fiesta ST: First Drive Photos

フォードのRSシリーズで、「フォーカスRS」の小さな弟が2017年に誕生するかもしれない。ドイツの自動車専門誌『Autobild』による情報が本当なら、「フィエスタ」という名前の40周年を記念して「フィエスタRS」登場するという。

フォードのコンパクト・ハッチバックで最強モデルとなるフィエスタRSは、すでに路上でテスト走行する姿が目撃されている。エンジンは、現行のスポーツ・グレード「フィエスタST」(写真)に搭載されている1.6リッター直列4気筒ターボをベースに、最高出力が182psから250psにまで向上すると予想されている。これなら「MINI ジョン・クーパー・ワークス」(231ps)のようなライバル車と渡り合うのに十分以上だろう。ただし、残念ながらパワートレインの変更は駆動システムにまで及びそうにはない。

フィエスタRSにフォーカスRSの「フォード・パフォーマンスAWD」と呼ばれる全輪駆動システムが採用されないのはショックだが、裏返せば、フィエスタRSがより手頃な価格で販売されるということだ。これはファンには嬉しい知らせと言える。前輪駆動であるとしても、フォードがラリーで培った技術を投入するフィエスタRSの出来映えは、よりアグレッシブになったサスペンションを含め、オーナーを満足させることだろう。

フィエスタRSの誕生が本当なら、2016年の中旬から下旬あたりに情報が入ってくるだろうから、それまで楽しみに待つとしよう。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー