ダイハツは12月24日、特徴的な丸型ヘッドランプと滑らかなフォルムで、躍動感に親しみやすさを融合させたコペンの第3のモデルである「コペン セロ」にプレミアムな装備を装備した上級グレードであるSグレードを設定し発売した。

新しいコペンは「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により実現しているモデルだ 。

Related Gallery:2015 Daihatsu Copen Cero S


2014年6月19日に発売した1つ目の意匠となるコペン ローブに加え 、コペン エクスプレイ 、コペン セロの3つの意匠を続々発売。

また、DRESSパーツは、車両購入後でもユーザーの好みに合わせたデザイン、カラー変更が可能となっており、ユーザーに好評を得ている。

中でも、初代コペンを想わせる丸形ライトを採用したコペン セロは、「親しみやすさと躍動感の融合」をコンセプトとした流れる雫のような一体感ある外観デザインにより、7月~11月のコペン販売台数の5割を占め 、人気があるモデルなのだ。


今回発売されたコペン セロ Sは、コペン セロをベースに、既に発売済みのコペン ローブ S、コペン エクスプレイ Sで好評な、操縦安定性とフラットな乗り心地を追求した専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバー、手触りと意匠にこだわったスエード調生地を使用したレカロシート、MOMO製革巻きステアリング、マニュアル感覚のシフト操作ができるCVT車用パドルシフト等のスポーツプレミアムブランドの装備を採用し、「クルマって楽しい」を一層磨き上げている。


また、メーカーオプションのレッドインテリアパックでは、レカロシート(レッド)を専用設定とし、より特別な1台とした。

なお、2016年1月15~17 日まで、幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2016」のダイハツ・ブースにて展示される予定となっているので、購入を希望している読者は一度その目でチェックすると良いだろう。

■ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/

■東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2016/