ダイハツは、「東京オートサロン 2016」に、軽オープンカーである「コペン」に新たなボディ形状となるワゴンとクーペスタイルのコンセプトモデルを出展することを発表した。

画像は、「コペン ローブ シューティングブレーク コンセプト」だ。

「クール&ジェントル」をデザインテーマに、荷室の拡大と伸びやかなキャビンデザインを両立している。

Related Gallery:2016 Daihatsu Copen TAS


軽オープンは、多くの荷物を載せることができないため、ファーストカーで購入することがためらわれることが多い。

このようなワゴンスタイルであれば、ちょっとした旅行に出かける際の荷物も充分積載できるだろう。

コペンの特長の一つは、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」。普段はオープンエアを楽しみ、週末の旅行ではワゴンスタイルで荷物をたくさん積んで遠出するなどの使い方にはぴったりだ。

もう一つのコンセプトモデルは、「コペン セロ クーペ コンセプト」だ。

レッドカラーが映えるこの新しいクーペスタイルは、どことなくイタリアのコンパクトスポーツカーを彷彿とさせるカッコよさが感じられる。


「エレガント&エモーショナル」をデザインテーマに、ルーフからトランク、 リヤスポイラーまでが一体となった滑らかなクーペデザインは、コペンの新しい魅力になるだろう。

すでにご紹介した、「コペン アドベンチャーも含め、コペンの広がりはオープンカーという垣根を超えて多彩に進化していくようだ。

■ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/

■東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2016/