スズキ、MotoGPマシンのカラーで仕上げた「アルト ワークス」など東京オートサロン出展車の概要を発表
スズキは、2016年1月15日から17日まで千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2016」に出展する3台のカスタムカーについて、画像と概要を発表した。

12月24日発売されたばかりの「アルト ワークス」は、2輪のFIMロードレース世界選手権(MotoGP)に参戦する「チームスズキ エクスター」のワークスマシンを思わせるカラーリングでカスタマイズ。「アルト ワークス GP」と名付けられ、MotoGP用マシンと並べて展示されるという。カーボンファイバー製のボンネットを装着したブルーのボディと蛍光色のアクセントが、軽ホットハッチによく似合っている。



人気の軽クロスオーバー「ハスラー」は車高を引き上げた「ラフロードスタイル」で、クライミングやトレッキングなどアウトドアの活動に使えるクルマであることを表現したという。この12月に追加された新色「アクティブイエロー」のボディには、ポップなロゴがデカールで描かれている。



そして間もなく発売が予定されている小型車「イグニス」は、ルーフにカヌーを載せ、マットカーキメタリックのボディ・カラーとオレンジのアクセントで大人向けにカスタマイズされた「ウォーターアクティビティーコンセプト」を、ベース車と共に展示。内装もオレンジとカーキのカラーでまとめられているとか。

3台いずれもテーマが異なる、しかしそれぞれベース車のイメージを増幅させたようなカスタマイズがお見事。今のスズキの勢いを感じさせる。幕張メッセのブースで実車を見るのが楽しみだ。プレスリリースの全文はこちらから。


スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/


東京オートサロン 2016 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2016/