発表前に露出したメルセデス・ベンツ「GLC クーペ」のボディシェル
メルセデス・ベンツが、正式発表前の「GLC クーペ」の画像を、同社のFacebookにうっかり掲載してしまったようだ。発売を控えた新型クロスオーバーのボディシェルが写っている画像は、表向きはクリスマス休暇の挨拶として掲載されたが、現在は削除されている。しかし、メルセデス・ベンツのブログ・サイト『Mercedes-Benz Passion』が、消される前の画像を捉えていた。

問題の画像には、ボディシェルを工場の外に運んでいるクレーン車が映っている。こちらの引きの写真の下部にあるドイツ語の看板によると、この写真はメルセデスがGLCの委託生産を始める予定であるフィンランドのバルメット社の工場で撮られたものではないようだ。画像からは、それ以外のことはほとんど分からない。しかし、この新しいGLC クーペも、同社の「GLE クーペ」と同じような、リアに向かって傾斜したルーフラインを持つことが確認できる。メルセデスは標準的なGLCクラスの発売より前に、GLC クーペのコンセプトカーを今年4月に開催された上海モーターショーで発表しており、現在このクルマは量産の準備段階にある。

メルセデスのGLC クーペは、同じく粋なスタイルのコンパクトなボディを持つBMW「X4」の対抗馬となるだろう。業界の最新トレンドを追ったデザインの採用により、後部座席の頭上スペースとトランクルームは狭くなるはずだ。また、来年のある時期にデビューするこの派生モデルも、既存のGLCクラスと同様のエンジン・ラインアップになることが予想される。米国では最高出力241hpの2.0リッター4気筒ターボを搭載する「GLC 300」と、最高出力362hpを発生する3.0リッターV6ツインターボを搭載したパフォーマンス・モデルの「GLC 450 AMGスポーツ」が販売されるだろう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー