MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
無限(株式会社M-TEC 代表取締役 橋本 朋幸)は、2016年1月15日から17日まで、 幕張メッセにて開催される「東京オートサロン 2016」に様々なカスタマイズの可能性を提案する四輪車やモータースポーツ競技車両を出展する。

Related Gallery:MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
2016年の無限コンセプトは「MUGEN POWER 2016」。参考出品となる Honda S660 の無限コンプリート仕様 「Honda S660 MUGEN RA Prototype」や、CIVIC TYPE R オートサロン特別仕様の「MUGEN CIVIC TYPE R Concept」を初披露。その他、2015年に発表されたホンダ車から無限仕様の S660、STEP WGN SPADA、VEZEL を展示し、モータースポーツからは国内トップフォーミュラの 2015年スーパーフォーミュラシリーズを戦った「TEAM 無限」の SF14 と、歴史と伝統の公道レースであるマン島 TTレ ースに「TEAM 無限」から参戦した電動バイクの神電 四(SHINDEN YON)を出展する。

Honda S660 MUGEN RA Prototype
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016 MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
Honda S660 をカスタマイズして楽しむためのスポーツベーシックモデルとして、動力性能とプレミアム性をさらに進化させた S660 無限コンプリートカーのプロトタイプモデル。

MUGEN CIVIC TYPE R Concept
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
CIVIC TYPE R を開発するにあたり、あらゆる可能性を追求したコンセプトモデル。無限がモータースポーツで得たノウハウを基に、風洞実験を重ね空力性能と運動性能に重点をおいたエアロパーツや機能パーツを装着。市販される CIVIC TYPE R 用無限パーツは、コンセプトモデルをさらにブラッシュアップし開発中。

MUGEN S660
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016 MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
「SUPER LITTLE SPORTS」をコンセプトに、走る楽しさを追求したパフォーマンスパーツをはじめ、エアロパ ーツはフロント、リア、サイドのスポイラーだけでなく、交換タイプの前後エアロフェンダーやウイング、ハードトップ、エアロボンネット、エアロエンジンフードといった機能性の高いパーツを装着。

MUGEN STEP WGN SPADA
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
「Dynamic Cruiser」をコンセプトに、大迫力のメッキグリルをはじめ、フロントアンダースポイラーやパネルタイプを採用したサイドガーニッシュ、わくわくゲートの機能を損なうことなく迫力のスタイリングを実現するリアアンダースポイラー等を装着。18インチアルミホイールや片側 2 本出しタイプのスポーツサイレンサーで機能だけでなく見た目の迫力も演出。

MUGEN VEZEL
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016 MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
「Premium Sports SUV」をコンセプトに、無限ならではのスポーティなスタイリングや走り、そして素材にもこだわり上質さをさらにアップさせるパーツを装着。カラーは MUGEN VEZEL として初披露となる、プレミアムクリスタルレッド・メタリック。

SF14 (TEAM 無限 #16 )
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
国内最高峰フォーミュラレースのスーパーフォーミュラシリーズを戦った「TEAM 無限」のマシン。最終戦の JAF GRAND PRIX SUZUKA RACE 2 にてポール to ウインを果たし、ドライバーの山本尚貴選手は Honda勢トップのシリーズポイントを獲得。

神電 四(SHINDEN YON)(TEAM 無限 #1 )
MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016 MUGEN TOKYO AUTO SALON 2016
マン島で開催されている市街地レース「マン島 TT レース」の TT Zero Challenge クラス(CO2 を排出しない動 力を持つクラス)において、2 連覇を成し遂げた電動バイク。ライダーは TT Zero Challenge クラスラップレコードホルダーのジョン・マクギネス(John McGuinness)選手。

■無限 公式サイト
http://www.mugen-power.com