走りのカスタマイズも追求!! NISMOが東京オートサロン 2016に出展!!
Related Gallery:TAS2016 NISSAN NISMO

日産は、2016年1月15〜17日に千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン 2016」に日産のモータースポーツを担うNISMOから4車種のカスタマイズカーとレーシングカーを出展することを発表した。

画像は、「エクストレイル NISMO パフォーマンスパッケージ」だ。

NISMOパフォーマンスパッケージとは、高い空力性能と迫力あるスタイリングを両立したエクステリアデザインと、ハンドリング性能などが高次元でバランスされたスポーツパッケージだ。

エクストレイルNISMO パフォーマンスパッケージは、エクストレイル本来のスポーティなスタイルを演出するだけでなく、エアロダイナミクスにより空力性能を大幅に向上させ、あらゆるシーンにおいてエクストレイルの持つ走行性能をさらに引き出している。(参考出品)


セレナ NISMO パフォーマンスパッケージ」は、NISMOのレーシングテクノロジーを活用したダイナミックなパッケージとすることで、家族の使い勝手を損なうことなく、迫力のスタイリングと爽快なドライビングを実現している。


ノート NISMO S 」(NISMO SPORTS PARTS装着車)

従来からの熱狂的なモータースポーツファンや、スポーツドライビング志向のユーザーに限らず、より幅広い層のクルマ好きなユーザーにもNISMOの情熱とこだわりを注いだクルマを提案し、多彩なライフスタイルの中でカッコよさを演出するノートNISMOは、NISMOシリーズ第5弾となるモデルだ。

NISMO SPORTS PARTS装着車は、その中でもスポーツドライビング志向のユーザーに向けたノート NISMO Sをベースに、サーキットでのスポーツ走行を楽しむために、駆動系パーツ、サスペンションパーツ、ブレーキパーツ等を装備した仕様となっている。


GT-R NISMO」(NISMO N Attack Package)

革新的な空力性能と精密なハンドリングを兼ね備えた、ワークス直系のスーパースポーツカー、GT-R NISMO。

日産のモータースポーツを担うNISMOの約30年におよぶレーシングテクノロジーの蓄積を余すことなくフィードバックし、レーシングカー譲りの究極のパフォーマンスを実現するためにファクトリーチューンを施した、NISMOシリーズのフラッグシップモデルだ。

今回出展されるのは、ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースにおいて、量産車世界最速となる7分8秒679というラップタイムを記録した、N Attack Package A-Kitを装着した車両だ。


2015年「MOTUL AUTECH GT-R」

SUPER GT GT500クラスでシリーズチャンピオンを獲得し、2連覇を果たした車両だ。

2015年仕様車は、2014年仕様をベースに、エンジンでは直噴ターボの燃焼効率を上げて出力向上を図ると同時に信頼性も高め、空力パーツもリファインしてダウンフォースを増やしている。

更にシャシーの軽量化と、運動性能の向上を図ったという。ドライバーは2014年のチャンピオンコンビである松田次生とロニー・クインタレッリで、第2戦の富士に続き、第7戦のオートポリスでも優勝を飾っている。

走りもカスタマイズしたい日産オーナーには必見のブースだ。

■日産 公式サイト:TOKYO AUTO SALON 2016
http://www.nissan.co.jp/EVENT/CUSTOMIZE/

■東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2016/