STEP WGN Modulo Concept
2016年1月15日から17日まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2016」に出展予定の車両が各メーカーより発表されている。
18日に出展車両を発表したホンダの四輪車両について、当編集部にて行った取材情報をお届けしていこう。

STEP WGN Modulo Concept

今回は「STEP WGN Modulo Concept(ステップワゴン モデューロコンセプト)」を紹介しよう。


STEP WGN Modulo Concept 【コンセプトモデル】

今回のオートサロン2016では上質な乗り味や快適な走行性のみならず次の時代を予感させるスタイリングをも両立させるModulo価値の提案として、コンセプトモデル『STEP WGN Modulo Concept』を出展するとしている。
このモデルでは、空力を追求したエアロバンパーやディフューザー形状のリアバンパーガーニッシュなどの採用による高速走行時の直進安定性の追求や、15mmのローダウンとしながらも、常に四輪の接地感があり、どんな道でもコントロールしやすいサスペンションを開発。
ステップワゴンの高い走りのポテンシャルを最大まで引き出すカスタマイズを行ったという。

STEP WGN Modulo Concept STEP WGN Modulo Concept
STEP WGN Modulo Concept STEP WGN Modulo Concept


〜ステップワゴンに新しい提案〜

■存在感をさらに高め、気迫すら感じさせる迫力のスタイリング
STEP WGN Modulo Concept
大胆に開口したフロントバンパーと開口部のアクセントとなるメッキパーツ。
左右に配置されたビームライトで存在感とスポーティさを感じさせるスタイリングを形成。


■空力性能の追求による直進安定性の獲得
STEP WGN Modulo Concept
スタイリングを生み出すフロントバンパー、フロントグリルなどは空力性能も追求。
エンジンアンダーカバーも変更することで、フロントから取り込んだ走行風の下方への流れを作ることで制御し、優れた直進安定性を獲得している。


■四輪の接地感を常に感じられるセッティング
Moduloとして意のままに操れる操縦性能を具現化したサスペンションを装着。
15mmのロールダウンとしながらも四輪の接地感を常に感じられるセッティングとし、ミニバンでありながらも応答性の高いハンドリングを実現した。

■インテリア
インテリアはシンプルさの中に深みや落着きを感じさせるべく、シートを表皮やステアリングホイール、シフトノブなど手が触れるポイントを変更。
インテリアパネルなども変更することで、上質な室内空間を演出しドライビングプレジャーを高めている。

迫力のスタイリングと外乱に強くすぐれた空力性能。そして常に接地感を感じるサスペンションなど、Moduloとしての価値をステップワゴンに投入した。

Related Gallery:STEP WGN Modulo Concept_HONDA Tokyo Auto Salon 2016


■ベース車:STEP WGN SPADA

■主な変更点
・フロントバンパー(参考出品)
・フロントグリル(参考出品)
・エンジンアンダーカバー(参考出品)
・リアバンパーガーニッシュ(参考出品)
・サイドシルガーニッシュ(参考出品)
・アルミホイール(参考出品)
・サスペンション(参考出品)
・シート(参考出品)
・ステアリングホイール(参考出品)
・シフトノブ(参考出品)
・インテリアパネル(参考出品)


今回の紹介はここまでとなるが、今後も取材した各車両については、追って紹介をしていく予定だ。

また、イベントに関する詳しい情報は以下のリンクから、ホンダ公式サイトの特設ページおよび東京オートサロン 2016公式サイトをご覧いただきたい。

■ホンダ 公式サイト:TOKYO AUTO SALON 2016
http://www.honda.co.jp/autosalon/

■東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2016/