ホンダの新型「NSX」、米国での価格は約1,900万円から2,500万円
Related Gallery:2017 Acura NSX First Drive

去る10月に米国版Autoblog編集長のマイク・オースチンが初めて2017年型「アキュラNSX」をベイエリアとソノマ・レースウェイで試乗した時、このハイブリッド・スーパーカーの販売価格は17万ドル(約2,000万円)位になるだろうと予想したが、どうやらこの読みは的外れではなかったようだ。実際の販売価格は15万6,000ドル(約1,900万円)からで、フル・スペックのモデルでは20万5,700ドル(約2,500万円)になると発表されたのだ。アキュラがこのNSXの価値をはっきりと位置づけたことにより、ベンチマークとなるモデルが明確になり、同価格帯モデルとの比較が可能になった。

はっきり言おう、我々はこのクルマが気に入った。オースチンが言うには、"思わず笑ってしまう"ほどの速さ、日常的に使える快適性、切れ目のないシフトのような感動的な機能も満載だ。ただし、感覚に乏しいステアリングなど、このクルマは完璧だという幻想を打ち消してしまう多少の欠点もある。

ベンチマークとされるモデルを見てみよう。アキュラによると、NSXはアウディ「R8」をライバルとし、今は旧モデルとなったフェラーリ「458イタリア」を越えるために開発されたという。まず、アウディの新型「R8 V10プラス」は、米国における販売価格はまだ発表されていないが、欧州での価格は18万7,400ユーロ(約2,480万円)となっている。最高出力は610hp、7速デュアルクラッチ式「Sトロニック」トランスミッションを搭載し、0-100km/h加速は3.2秒だ。一方、458イタリアの後継モデル「488GTB」の価格は、旧モデルの24万3,000ドル(約2,950万円)よりは高く設定されるだろう。最高出力661hp、7速デュアルクラッチ「F1」ギアボックスとの組み合わせで、0-100km/h加速は3.0秒と発表されている。

この2モデルよりも低価格のNSXから得られるもの... それは2モデルよりも劣ると言わざるを得ない。3.5リッターV6ツインターボと3つの電気モーターの合計最高出力は573hp。ギア数こそ9速DCTと少々多くなっているので、0-100km/h加速はR8を上回るかもしれない。しかし、V10でもなければフェラーリのような野性味溢れるターボチャージドV8エンジンでもない。こうした点を妥協してまで、数千ドルを節約する価値があるかどうか(ただしオプションを付けるとその差はさらに縮まってしまう)、それを決めるのはもちろんバイヤーだ。

注目すべきは、アキュラがNSXを初めての「受注生産」モデルとしている点だ。しかし、ボディ・カラー8色、インテリア・スキーム4通り、シート表皮3種類と、「アコード」のカスタマイズの範囲を超えてはいないようだ。2月25日から公開されるコンフィギュレーターを使って、ご自分で試してみていただきたい。

最後に、最近では高級車の新型モデルが発表される際には決まって行われるようになったオークションについてお伝えしよう。アキュラはNSXの第1号車「VIN 001」を2016年1月に開催される「バレットジャクソン・オークション」に出品するという。売上は全て慈善団体「小児脳腫瘍財団(Pediatric Brain Tumor Foundation)」と「Camp Southern Ground 」に寄付されるそうだ。興味のある方は、プレス・リリース(英語)をご覧いただきたい。


2017 Acura NSX | First Drive
By Alex Kierstein
翻訳:日本映像翻訳アカデミー