Modulo CIVIC TYPE R
2016年1月15日から17日まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2016」に出展予定の車両が各メーカーより発表されている。
18日に出展車両を発表したホンダの四輪車両について、当編集部にて行った取材情報をお届けしていこう。

とその前に、先に掲出済みのホンダの出展車両発表の記事はご覧いただいていると思うが、そこに出てくる「Modulo(モデューロ)」について、紹介したい。

モデューロは、ホンダの純正アクセサリーカスタマイズブランドをさす。
ホンダのエンジニアが感性でつくりあげるスポーツカスタマイズブランドとして、エアロパーツ、サスペンション、アルミホイール、ブレーキパーツといったカスタマイズアイテムを、「機能」「デザイン」「品質」をキーワードに、ホンダ車のそれぞれの機種に最適でありながらも、機種を越えた " 一貫した「モデューロ」としての価値 " を高い次元で追求、大人のための走りをデザインし、ホンダ車に乗る喜びをさらに高めることを目指す、としている。

それでは、その「モデューロ」が提案する車両のひとつ。
今回は「Modulo CIVIC TYPE R(モデューロ シビック タイプアール)」を紹介しよう。

Modulo CIVIC TYPE R Modulo CIVIC TYPE R
Modulo CIVIC TYPE R Modulo CIVIC TYPE R

Modulo CIVIC TYPE R

" FF最速 "、躍動感あふれる「CIVIC TYPE R」のスタイリングをさらに強調し、スポーティさを高めるリアルカーボンと鮮やかなフレームレッドアイテムを内外装に多数ラインナップした。
30台限定のアルミホイール「MR-R02」は、S660に続き、SUPER GT500に参戦する「ドラゴ・モデューロ NSX CONCEPT-GT」に供給するレーシングホイールとデザインコンセプトを共有。
「CIVIC TYPE R」にさらなるレーシングイメージを与えている。

Related Gallery:Modulo CIVIC TYPE R_HONDA Tokyo Auto Salon 2016


■ボディカラー:チャンピオンシップホワイト

■主な装着アクセサリー
・19インチアルミホイール MR-R02(120本限定販売)
・テールゲートスポイラー
・テールゲートガーニッシュ
・バンパーガーニッシュ
・フロントグリルガーニッシュ
・ドアミラーカバー
・フューフェルリッド
・ステアリングホイールガーニッシュフレームレッド
・インテリアパネル
・サイドステップガーニッシュ

Modulo CIVIC TYPE R

Related Gallery:Modulo CIVIC TYPE R_Accessories , TAS 2016


今回の紹介はここまでとなるが、今後も取材した各車両については、追って紹介をしていく予定だ。

また、イベントに関する詳しい情報は以下のリンクから、ホンダ公式サイトの特設ページおよび東京オートサロン 2016公式サイトをご覧いただきたい。

■ホンダ 公式サイト:TOKYO AUTO SALON 2016
http://www.honda.co.jp/autosalon/

■東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2016/