NISSAN X-TRAIL Dec,2015
日産自動車株式会社(以下、日産)は、「エクストレイル」を一部仕様向上し、全グレードに自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)を標準装備するとともに、エクストレイルの人気装備を装着しながら割安な価格設定とした特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」を、16日より全国一斉に発売すると発表した。
また、今回の変更にあわせ、ガソリン車の2WDモデル、およびハイブリッド車に、お求めやすい価格の「20S "エマージェンシーブレーキパッケージ"」を追加した。

Related Gallery:NISSAN X-TRAIL Dec,2015

エクストレイルは、高い4WD性能を誇るALL MODE 4×4-i に、世界初採用のシャシー制御技術を組み合わせて実現した走行性能の高さ、またエマージェンシーブレーキやインテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターをはじめとするさまざまな安全装備が、ユーザーから好評を得ている。
また、5月に発売したハイブリッド車は、全車免税の達成に加え、2.5リッターガソリンエンジン車を凌駕するパワフルな加速性能や、高い静粛性などが評価され、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカー、および2016年次RJCカー・オブ・ザイヤ―6ベストカーに選出されている。

今回の一部仕様向上として、全グレードにエマージェンシーブレーキおよび、ドライバーが意図せずに車線を逸脱しそうな時に警報で注意喚起する「LDW(車線逸脱警報)」、万一アクセルペダルを誤って踏み込んでしまったとき、急加速による衝突回避を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備とした。


また、ガソリン車全車に暖房の効きを早める「PTC素子ヒーター」を標準装備するとともに、ハイブリッド車の「20X」および「エクストリーマーシリーズ」にはリモコンオートバックドアを標準装備とし、更に快適性と利便性の向上を実現した。


また新色として、雄大なサバンナの大地を照らす太陽の力強い色をイメージしたという「キャニオンブロンズ(画像)」を採用し、カラーバリエーションを充実させた。(「ブラックエクストリーマーX」は設定なし)


グレード構成では、2WDのガソリン車および、ハイブリット車に「20S "エマージェンシーブレーキパッケージ"(画像)」を追加設定。
ガソリン車の2WDモデルは車両本体価格を220万円台とすることで、より幅広いユーザーに選ばれるようにしたという。


〜 特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」を追加 〜

また、エクストレイルで人気のオプションを標準装備した特別仕様車「20Xt "エマージェンシーブレーキパッケージ"」をガソリン車に追加設定した。


「20Xt "エマージェンシーブレーキパッケージ"」はLEDヘッドランプ、フォグランプ、リモコンオートバックドア、ルーフレール(画像左)とあわせて、インテリジェントパーキングアシスト(画像右)付のアラウンドビューモニターやナビゲーションシステムを搭載し、オプションで装着した場合に比べ、約11万円割安な価格設定としている。

また、「20Xt "エマージェンシーブレーキパッケージ"」をベースに、より精悍で力強いスタイルの「20Xt ブラック エクストリーマーX "エマージェンシーブレーキパッケージ"(画像)」も設定した。


■消費税込み価格(単位:円)


■日産 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/

■エクストレイル 公式サイト
http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/



なお、これにあわせ、日産の関連会社である株式会社オーテックジャパン(以下、オーテックジャパン)は、「エクストレイル」をベースとした新たなカスタムカー「モード・プレミア」の一部仕様を向上し、日産の販売会社を通じて12月16日より全国一斉に発売すると発表した。

エクストレイル「モード・プレミア」は、エクストレイルの持つタフな性能はそのままに、さらに上質な個性を求めるユーザーに向けて、エクステリア・インテリアの高級感を高めたモデルとなっている。
今回の一部仕様向上は、ガソリン車全車にエアコンの暖房の効きを早める「PTC素子ヒーター」を標準装備するとともに、ハイブリッド車にはリモコンオートバックドアを標準装備とし、更に快適性と利便性の向上を実現した。

■消費税込み価格


■オーテックジャパン 公式サイト
http://www.autech.co.jp/

■エクストレイル「モード・プレミア」 公式サイト
http://www.autech.co.jp/sv/xtrail_modepremier/