至高のコンバーチブル、「メルセデスAMG S65カブリオレ」が登場!
Related Gallery:Mercedes-AMG S65 Cabriolet

メルセデス・ベンツの究極のコンバーチブルをお探しの方に、打ってつけの1台が登場した。新型「メルセデスAMG S65カブリオレ」は、同社のトップクラスのモデルに搭載されている最上級の機能が集約されたクルマで、きっと満足していただけるはずだ。

新たなフラッグシップ・カブリオレとなるこのモデルは、「Sクラス カブリオレ」をベースに、最高出力630hp、最大トルク102kgmを発揮するAMGの6.0リッターV型12気筒ツインターボ・エンジンを搭載。「S65セダン」や「S65クーペ」、ロードスターの「SL65」、スポーツ・オフローダー「G65」の動力にもなっているエンジンだ。相変わらずAMGのマイスターが一基ずつ手作業で組み立てているが、製造はマンハイムにあるダイムラーの工場で行われている

メルセデスが、4シーターのコンバーチブルにこのエンジンを積むのは今回が初。3層構造の電動ソフトトップや、ヘッドレストから暖気を吹き出すことで首元を暖める「エアスカーフ」機能など、Sクラス カブリオレの快適性と、クーペ並みの剛性を持つというボディシェルに、さらに刺激的な動力性能が与えられた。AMGはこのモンスター・エンジンに加え、スポーツ仕様のエアサスペンションを採用。20インチのホイールは回転時に実際よりも大きく見えるデザインとなっており、オプションでカーボンセラミックのブレーキも用意されている。エクステリアの各部には高輝度のクロームが施され、フロントに設定されたリチウムイオンバッテリーは20kg以上の軽量化に成功したという。

強大なパワーは7速オートマチック・トランスミッションを介して後輪に伝えられ、0-100km/hを4.1秒で加速。最高速度は電子制御で250km/hに抑えられているが、オプションのAMGドライバーズ・パッケージを選べば300km/hで風を感じながらアウトバーンを疾走することも可能だ。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー