スター・ウォーズをイメージしたダッジのマッスルカーがLAの街を巡回!
Related Gallery:Star Wars Dodge Muscle Cars

米国では12月18日の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』劇場公開に向けて、街も盛り上がりを見せている。コスチュームに身を包んで列を作る大勢のファンに加えて、スター・ウォーズをイメージしたダッジのマッスルカー3台がロサンゼルスの街を巡回し、それらのクルマがどこにいるか、Twitter上で追跡できたのだ。

3台のうち「チャージャー」と「チャレンジャー」はどちらも「ヘルキャット」エンジンを搭載したSRT仕様で、先月のLAオートショーで公開されたフィアット「500e」と同様に、軍事組織「ファースト・オーダー」の兵士ストームトルーパーを模した塗装が施されている。もう1台の「ヴァイパー ACR」は、今回の映画に登場する悪役の1人、カイロ・レンを思わせるブラックのボディにシルバーでグラフィックが描かれている。特別塗装された一団は、今月11日から14日までLAの街をパトロールし、見かけた人がTwitterに現在地を投稿することによって、誰もがリアルタイムでその出没した場所を知ることができた。3台のマッスルカーはビバリーヒルズ、ショッピングモールのザ・グローブ、ハリウッド・ブルバードなどで目撃されたようだ。

スター・ウォーズのプロモーションにクルマが使われた、またはその逆のパターンは今回が初めてではない。全米で話題となったダースベイダーを起用したフォルクスワーゲンのCMは有名だし、トヨタは人気ドロイドのC‐3POとR2‐D2を「プリウスPHEV」の広告に、日産はストームトルーパーを「ジューク」のプロモーションにそれぞれ起用した。また、F1チームのレッドブルは、2005年のモナコ・グランプリでチーム全員がスターウォーズのコスチュームを身に纏ったこともある。これからも我々の銀河では、"フォース"の力で走るクルマのプロモーションが続けられることだろう。詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー