【ビデオ】ポルシェ「911」を使って見事なクレー射撃を披露!
ポルシェ「911」は刺激的なクルマだ。そして、クレー射撃もまた刺激的なスポーツだ。もし、この2つを組み合わせるとどうなるか。それを実現させた素晴らしい動画をご紹介しよう。

この映像には、イギリスのクレー射撃の名手、フィリップ・ソロルド氏が通常の競技とはかなり異なる方法でクレー射撃に挑む様子が収められている。トラップやスキートといった単に標的を撃つだけの伝統的なクレー射撃では、映像としてあまりに退屈すぎるからだ。ポルシェ「911タルガ」のフロントにクレー・ピジョン(素焼きの皿)を投射するマシンを搭載することで、ソロルド氏はドライビングとシューティングを掛け合わせた。これは、『トップギア』でジェームズ・メイジェレミー・クラークソンがチャレンジした雪道のドライブと射撃を組み合わせたバイアスロン以来の斬新なスポーツで、きっと彼らも刺激を受けるに違いない。

ソロルド氏は上下二連銃で、ポルシェが射出するクレーを手早く撃ち落としていく。彼はポルシェに先回りして銃を構える位置を次々に変えているが、加速や横滑りするポルシェから予測不可能なタイミングで投射されても、クレーを撃ち落とすことに何の問題もないようだ。そして、後半は助手席に乗り込み、山道を縫うように駆けるポルシェから投射される小さなオレンジ色のクレーを撃ち落とし続ける。その凄さを分かりやすくするため、クレーのディスクは命中すると火花が出るタイプを使っているという。

それでは、その離れ業を収めた3分ほどの映像をチェックしてみよう。クレー射撃という競技に興味が無い方でも、必ず楽しんでいただけるだろう。ただし、ご自宅では試さないようにして欲しい。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー